ボイトレのヒント

いつから練習を再開してもいい?

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

一度風邪をひいて声帯が炎症してしまうと
体の調子が戻ったとしても
喉の調子はなかなか完全には戻りません。

これは他の体の部位に比べて
声帯や気管へ栄養や酸素を供給する血管が細いため、
どうしても風邪の治癒が遅くなりやすいからです。

では風邪をひいてしまったとして、
どのタイミングでボイストレーニングの練習を
再開するといいでしょうか?

これは良く普段から質問されることが多いのですが、
まだこちらには書いたことなかったですね(;^_^A

一概に決めるのは難しく
状況によってケースバイケースなんですが、
1つ書いていくと、

「炎症があっても必ずしも練習は不可能ではない」

ということです。

声帯炎を起こす原因は単に風邪だけではありません。

例えば花粉症やアレルギーで声帯が腫れてしまう方もいます。

じゃあ彼らはその時期は全くボイトレも歌の練習もしてはいけないのか?
声を出すこともできないのか?

というとそんなこともないと思います。

ですので少しでも炎症を起こしていると
絶対ダメだ、危険だ!というわけではなく、
注意の必要はありますが
様子を見ながら練習を行うことは可能です。

ただし炎症の度合いによって
トレーニングの危険度も変わってくるはずなので、
風邪の場合もある程度声が出やすくなるまでは休んで
その後トレーニングを再開するのが適切だと思います。

ちなみに僕が提唱しているメソッドは
小さい声でもトレーニングを行えるのが特徴なのですが、
声量を小さめにすればするほど
発声時の声帯への負担はごく小さいものとなるため、
声の悪化や音声障害などのリスクはかなり少なくなります。

また、喉頭や声帯の血行促進するような
メニューを中心に行うことで、
声帯炎の回復を早めることも期待できます。

喉の調子が不完全な時には

・声量を落とす
・無理に高音を出さない

更に付け加えるなら

・こまめに休憩を取る
・こまめに水分を補給する
・声帯の痛みや違和感を感じるようなら練習を中止する

この辺に注意するといいでしょう。

もちろん大事を取って完全回復するまで
安静にするのも良い選択だと思います。

いずれにしても無茶をしないのが大前提ですが、
まぁこういう考え方もあるよ、ということで
一つ参考にしてみてください(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. ボイトレのヒント

    その138「歌の2つの練習方法」

    今回はどちらかと言うとプロ志向の方向けに書きますね。歌の仕事や歌の活動…

  2. Q&A

    ボイトレで上達しやすくなるには?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】こんにちは。…

  3. ボイトレのヒント

    その89「目を瞑って歌ってみよう」

    歌っていて音程が取れない人は、音感自体に問題がある人と発声が問題で音程…

  4. Q&A

    ロングトーンが安定しなくて悩んでいます。

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】ロング…

  5. Q&A

    ボイトレで子供が大きな声を出せるようになりますか?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】…

  6. ボイトレのヒント

    ボイストレーニングの自主練オススメ場所その2。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。前回ボイトレの自主練習をす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  2. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  3. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  4. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  5. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。