Q&A

お酒やタバコで声が出なくなる人とそうならない人の違いは?

※メルマガでのQ&Aを掲載しております。

【質問】

先生にはいつもお世話になってます。

Akira先生のレッスンのお陰でかなり自信も付き、
周りから歌の信頼もかなり高くなってきました。

歌に関してただの素人だった僕をここまで高めてくれた
先生には感謝してもしきれません。

質問があります。

僕はお酒を飲むと次の日は高音が出にくくなるので、
ツアー中などはあまりお酒を飲まないようにしてますが、
その一方で毎日のようにお酒やタバコをガンガンやっているのに
平然と歌えているアーティストもいます。

これはどういう違いがあるんでしょうか?

ご返答お願いします。

【回答】

ボイスユーザーにとって
飲酒やタバコなどは喉に良くないというのは有名だと思います。

私も書籍でよく書いていることではあるのですが、
でも実際に色々な方を観察してみると分かりますが
飲酒やタバコで声が出にくくなる方もいれば全然平気な方もいます。

そもそも飲酒やタバコを吸うとなぜ喉に良くないのでしょうか。

そこから少し見ていきたいと思います。

お酒を飲むとアルコールは肝臓で分解され、
一部は尿から、そして一部は肺から呼気に混ざって外に出ていきます。

飲酒運転を捕まえるアルコールチェッカーはこの理屈を利用して、
お酒を飲んだかどうか吐く息を使って調べているわけです。

呼気にアルコールが混ざるということですが、
アルコールは水と比べて揮発性が高く蒸発しやすい特徴を持っています。

アルコール除菌のスプレーなどを使うと分かりますが、
撒かれたアルコールはすぐに乾きますよね。

これが声帯にも起こってくるため、
吐いた息に混じったアルコールが声帯にかかることで
声帯表面が少し乾きやすくなってしまうのです。

声帯は表面が乾燥すると粘膜波動を起こしにくくなったり
発声時の摩擦の刺激が強くなるため、
負荷が増えて炎症を起こしやすくなります。

また、アルコールを摂取すると脳の判断力が鈍ってくるため、
普段このぐらいにしておこう、と
無意識でセーブをかけている声量のリミッターが外れ、
つい大きく出し過ぎてしまう傾向があります。

それによって声帯に負荷をかけやすい、というのもありますね。

そしてタバコですが、タバコの煙も同じように
気道を通過する時に声帯を乾かしてしまうため、
乾燥により発声時の負荷を高めたり、
またタバコの煙の中に含まれる有害物質が
声帯に炎症反応を与えてしまうこともあります。

ということで喉に良くないタバコとアルコールですが、
では影響を与える人とそうでない人の違いは何でしょうか。

これは一つは体質の差があるのではないかと考えています。

例えば唾液が出やすい人と出にくい人がいます。

風邪に罹患しやすい人と罹患しにくい人がいます。

熱が出やすい人と出にくい人がいます。

このように人の体質はそれぞれ違うものですよね。

これと同じで、
炎症を起こしにくい声帯の人もいれば
炎症が起こりやすい声帯の人もいたり、

炎症が起こった時に浮腫が起こりやすい人もいれば
炎症が起こった時に浮腫が起こりにくい人もいると考えられます。

影響が出にくい人はタバコやお酒を飲んでも平気だし、
影響が出やすい人はタバコやお酒の影響が出やすいのでしょう。

もちろんそれ以外にも話したり騒いだりする時には
どれだけ声帯に負荷をかけているかは人それぞれ違うので、
そういう意味で発声の良し悪しも関係してくるでしょう。

ですので今よりさらに発声を鍛えていくと、
もしかしたらタバコやお酒がより平気になってくるかもしれませんね。

いずれにしても、
周りが平気だから自分も平気とは限らないし、
その逆で自分が平気だから周りも平気とは限りません。

大事なことはいつも自分がライブで最高の歌を歌えるかどうかですから、
周りの空気に流されたり比べたりせず、
自分のベストな状態をいかに保てるかに目を向けていきましょう。

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

僕は表声の訓練をすべきでしょうか?前のページ

歌が上手くなるためにどんな音楽を聴けばいい?次のページ

関連記事

  1. 発声

    その132「問題点を見誤る例」

    前回「問題点を知ろう!」と言う記事を書きました。問題点自体を見誤ってし…

  2. 発声

    その181「軽く、速く、柔らかく」

    こんにちは☆今回は喉の感覚の話です。歌の練習や発声のトレーニングをする…

  3. 発声

    その110「鼻から息が抜けるのはどう直す?」

    質問: 先生に「歌っている時に鼻から息が抜けている」と言われたのですが…

  4. Q&A

    質問返答コーナー。

    僕の個人的な事を質問されたりする事がたまにあるので、今回は今まで聞かれ…

  5. 発声

    あなたの本来持っている「声」を開花させよう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。レッスンに来られる方のほと…

  6. 発声

    その28「声帯には潤いを」

    前回、声量を増やすにはまず「声帯がよく振動する事が一番の方法」と書いた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. コンサート
  1. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  2. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  3. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  4. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  5. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。