ボイトレのヒント

その120「長時間練習のコツ」

さて、前回練習量について書いたんですが、
具体的な所をあまり書かなかったので
「結局よく分からないなぁ」と思った方もいると思います。

特にプロになりたい!と言う方の中には
出来るだけたくさん練習をしたいと思う人もいると思います。

どのくらい練習していいのかを自分でいつも正しく判断できればいいんですが、
なかなかそれは難しく見誤ってしまう人もいます。

前回も書いたように練習の仕方も様々ですので
どんな練習をするかにもよると思うんですが、
長時間練習する時のコツをいくつか書こうと思います。

・無理な声量を出し過ぎない


・練習中に小さな休みをこまめに作る


・ウォームアップを行う


・声帯が乾燥しないようにする


・喉や体に痛みを感じる発声法は避ける


・体調が悪い時や風邪をひいてる時などは無理をしない


これらの理由は今までにも書いてきたと思います。
「これはなんで?」と思った方は過去の記事を読み返してみて下さい。

「無理な声量とはどのくらいか」と言うのも分かりづらいですよね。
その人の発声の仕方にもよるので
こちらも一概に「○○デシベル以上」とは言えません。

でもだからと言ってあまり怖がって弱弱しい声しか出さないのも極端ですので、
色々な声量を出してみたり様子を見ながら試してみるのもいいと思います。

次回は実際の練習量などの例を出してみようと思います。

では(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。今回は、『基本的な…

  2. ボイトレのヒント

    その112「自由自在なコントロールのために」

    前々回の「喉の動きの記憶」の続きになります。さて、前の記事では「声が決…

  3. ボイトレのヒント

    ボイトレはどこで練習すればいい?

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイストレーニングをするの…

  4. ボイトレのヒント

    その138「歌の2つの練習方法」

    今回はどちらかと言うとプロ志向の方向けに書きますね。歌の仕事や歌の活動…

  5. Q&A

    歌の入り方が上手くいかない原因。

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】歌の入…

  6. Q&A

    どのアドバイスを信じればいいか分からなくて困った時。

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】初めま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  2. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  3. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  4. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  5. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。