発声

その13「続・声帯のお勉強」

前回声帯について少し書かせていただいたんですが、

今回はその声帯に関することの続きで

歌を歌ったり声を出したりする上で

最低限覚えておいた方がいいことを3つ書いておきます。

今日書くことは「喉のケア」にも含まれるので、

そういうテーマに分けて後日書き直そうと思います。

1、声帯は湿ってなければ音が出ない

例えばこんな経験ないでしょうか。

カラカラに乾燥した場所で声が出しづらいなぁ・・・とか、

緊張してる時に声が出しづらいなぁ・・・など。

細かい理屈は置いといて単刀直入に書くと、

声帯は乾いていると音が出ないと言う特性を持っています。

逆に言うと、声帯は湿っていた方が音が出やすいのです。

声帯の湿度を保つのは良い声を出すためには大切なことで、

喉へのケアの方法もこれを基本に考えられているものが多いです。

2、声帯は傷ついても強くならない

声帯は筋肉と粘膜で出来ていて、

声を出す時は粘膜の部分だけが触れ合って振動します。

筋肉には「強く使って壊して鍛える」という

超回復の理論がありますが、

声帯にもそれを履き違えている人がいて

思いっきり声帯を痛めつければその後強くなると思ってる方もいます。

・・・が、これは大きな間違いです。

粘膜は傷つくと炎症を起こしたり、

ポリープ結節のような出来物が出来てしまいます。

声帯に出来物が出来ると声帯は閉まらなくなります。

そうなると息が漏れて声がかすれてしまったり、

または声が出づらくなってしまいます。

声帯が痛いなぁと思うときは素直に休みましょう。

出来るだけ痛めずに歌う方法を考えてみましょう。

3、声帯は閉まっていないと音が出ない

これ前にも書いたことなのですが、

とても大事なことなので繰り返して書きます。

声帯は2対が触れ合って振動するので

前回の記事 の図1のように開いていると音は鳴りません。

必ず図2のように閉まっていないといけないのです。

力を極端に加え過ぎた閉め過ぎは

逆に声帯の振動を邪魔してしまったり

声帯の粘膜を傷つけてしまったりします。

そこだけは気を付けなくてはいけませんが、

通常は声帯はよく閉まっていた方が振動するので

つまり大きな音もそれだけ出しやすくなります。

なのでちなみに例えば声量がない人の多くは

声帯をきちんと閉める事が出来てない人が多いのです。

と言うことで最低限知っておいて欲しい

声帯の知識はこんな感じになります。

細かく言っていくと本当に色々あるんですが、

必要だと思ったらその都度加えていきますので。

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

I remember you前のページ

その14「呼吸のお勉強」次のページ

関連記事

  1. 発声

    普段ほとんど声を出さない方は要注意。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。稀なケースではあるのですが…

  2. 発声

    花粉症が改善すると評判の二つの方法。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。さて、気温も暖かく…

  3. Q&A

    ロングトーンが安定しなくて悩んでいます。

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】ロング…

  4. 発声

    歌の不思議な魅力。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。先日レッスンした男性の生徒…

  5. 発声

    その114「人それぞれの声」

    今回は前回の続きも少し含んでいます。さて、前回鼻声の種類を説明しました…

  6. 発声

    ちょっとした意識で良くなるリズム感。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。先日ボイトレレッスンでリズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  2. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  3. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  4. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  5. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。