呼吸

その14「呼吸のお勉強」

さて、今日は呼吸について書きたいと思います。

これは発声全般に言えることでもあるんですが、

呼吸に関してはさまざまな考え方があり

僕が書くことにしっくり来ない方もいるかもしれません。

ですが考え方の根底として持っていて欲しいのは、

最終的にはその人が歌えていればそれでいいという事。

その人が一番歌いやすい形がその人にとって正解だと思います。

ボイトレのレッスンの内容や書籍などを見てて、

発声の姿勢や呼吸などには

色々形があるのが分かると思いますが

「じゃあその形じゃないと歌は歌えないのか?」

と考えると、そんな事はないと思います。

例えば歌える人は姿勢を変えても上手く歌えますよね。

TVでもダンスしながら歌ってる人、

楽器をひきながら歌ってる人。

様々だと思います。

そういう人が音痴になっているのか、

姿勢を変えたら急に上手くなるのかというと、違うと思います。

昔の発声の理論では何よりも呼吸重視なものが多く、

特にクラシックなどではそれが未だに色濃く残っています。

が、ジャンルを問わず最新の発声理論を

取り入れている人の間では

少しずつその考え方は変わってきています。

呼吸や姿勢は「こうすると楽だよ」

「こうすると歌いやすいよ」と言うもので、

「必ずこうでなくてはいけない」と言う

絶対的なものではありません。

ただやっぱり歌いやすいに越した事はないですし、

良い呼吸によるメリットもたくさんあります。

それに楽なほうが歌う時に余裕も出来て

他の発声や音楽的な事にも色々気を配れると思います。

これから先に書くことも簡単なやり方なので、

良さそうだと思ったら使ってみてください。

呼吸に関しては多くの方もご存知の通り、

大きく「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の二つがあります。

呼吸を理解するにはまずこの2つを

ある程度きちんと知らなければいけなせん。

・・・とここまで書いたんですが、

ちょっと長くなりそうなので

次回はこの二つの呼吸と

その良し悪しなどを紹介したいと思います(o^-‘)b

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 呼吸

    その16「腹式呼吸のメリット」

    こんにちは。今回は腹式呼吸の仕方を教える前に腹式呼吸のメリットを紹介し…

  2. 呼吸

    その19「腹式呼吸の練習法」

    今回は腹式呼吸の実際に良くある練習法を一つ教えたいと思います。歌に使う…

  3. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。今回の記事では、誰…

  4. 呼吸

    その18「腹式呼吸の注意」

    今回は、誤解されている腹式呼吸の有名な例を紹介したいと思います。何が合…

  5. 呼吸

    ブレストレーニングの有用性。

    こんにちは、AKIRAです。今回の記事はブレストレーニングについてです…

  6. 呼吸

    その139「大きい声にたくさんの息はいらない」

    さて、今回は息の量についてです。声を出す時に息の量を調整すると言うのは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  2. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  3. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  4. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  5. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。