発声

その157「続続・歌は他の器楽と比べて楽器管理が大変」

前回からちょっと間が空いてしまいましたね、すいません(;^_^A

さて、ここまで歌手の体調管理について長々と書いてみましたが、

つまり何が言いたいのかと言うと

あなたが歌や声を使ったプロフェッショナルになるという事は、

体調管理や声の状態維持に「強い覚悟」が必要になってくる。

という事です。

出来が悪くても問題ない場合ならともかく、

たくさんのスタッフが動いたりたくさんのお客が来る場合、

例えばレコーディングや大きなステージをするとなると

「今日は声が出ないです」では済まされなかったりします。

周りのスタッフに心配を与えたり迷惑がかかってしまいます。

グループや団体で活動してる場合はともかく、

ソロシンガーの場合は自分の代わりはいません。

多くの歌手はそのプレッシャーといつも闘っています。

これは実際にその立場にならないと分かりにくいものですが、

このブログを見ている歌手を目指している方には

そういうプレッシャーがあると言う事を知っていて欲しいし、

すでに現役の歌手である方には

そのために喉の調子を悪くしない術を知っていて欲しいと思います。

(『喉にいい事』のテーマの記事を参考にしてみてください)

歌手に限らず、何か特別なものを専門的にやると言う事は

普通の人がしなくていい事をしなければならなかったり

普通の人が出来る事がなかなか出来なくなってしまう面もあります。

言い換えると、犠牲にしなければいけない事が色々と出てきます。

もちろんそれを好きで選んでやっているのであれば

多少の犠牲は乗り越えられるのではないかと思いますが、

その犠牲があると言う事を知っていて心の準備があるのと

全く予想してないのではかなりの差があります。

ですので何か専門的にやりたい事があるという方は、

こういう視点からも事前に調べておくといいと思います。

歌を歌う上でのそういう点については、

今回のように今後少しずつ紹介していきますね(^_^)v

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    自分がより感動する方向、心が震える方向に進もう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。音楽に携わっていて面白いな…

  2. 発声

    歌のルールが分かれば最短で歌が上手くなれる。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。歌を上手く歌うためには歌が…

  3. 発声

    その116「色々な考え方」

    理屈主体の教え方があれば、イメージ主体の教え方もあります。呼吸中心の発…

  4. 発声

    ポリープを作らない発声のために。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。声を仕事にしている人にとっ…

  5. 発声

    Jポップはなぜこんなにキーが高くなった?

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイトレをされてい…

  6. 発声

    その178「ひらめき力を鍛えよう」

    僕がボイストレーニングで力を入れている事の一つに、「ひらめき力を鍛える…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  2. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  3. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  4. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  5. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。