呼吸

その16「腹式呼吸のメリット」

こんにちは。

今回は腹式呼吸の仕方を教える前に

腹式呼吸のメリットを紹介します。

前回でも書いたように腹式呼吸は横隔膜を使うので

胸の上部には力が入らないため

「上半身がリラックス出来る」

と言うのがあります。

声帯は力が入って収縮し過ぎると

振動しづらくなってしまうので

大きな声が出しにくくなります。

また、声帯自体にそこまで力が加わらなくても

首周りの筋肉があまり力むと動きが重くなって

結果的に素早い動きや正確なコントロールがしづらくなります。

ですのでリラックスは発声には非常に大切なのです。

そしてもう一つ。

これが腹式呼吸の副産物的な効果であり

腹式呼吸のためのトレーニングに

その効果が含まれているので紹介します。

腹式呼吸のためのトレーニングをした事がある人は

息を一瞬で吸ったり一瞬で吐いたり、

長い時間かけてゆっくり呼吸したりした事があると思います。

一気にたくさんの息を吐いたり吸ったりするとき、

吸い込む、吐き出す空間の面積は広い方が

スムーズに呼吸が行えます。

こういう動作を繰り返すことで喉の面積は自然に広がりやすくなり、

前に書いた「喉を開ける動作」と同じことが自然に起こります。

それによって声が太くなったり大きくなったり、

また声帯の振動が安定するので声が安定しやすくなります。

「腹式呼吸が出来ると声が太くなる」

はここから生まれているのでは、と思います。

ただ腹式だけに意識を持っていても

その人のやり方によっては

喉を意識して開こうという動作がないと
開かない場合も多々あります。

人によっては喉を全く開かないまま

強い息で歌おうとすると

声帯に力がかかり上手く振動しづらくなって

声帯を痛めたりしてしまう人もいます。

(喉を開く動作には声帯の脱力の効果もあるので)

喉を開ける動作もリラックスしながら行うには

呼吸と結びつけた方がやりやすいように、

喉の開きと呼吸はとても密接な関係ですので

喉の開きと腹式はセットで覚えていくと良いと思います。

初めは意識的に行うべきですが、

最終的に無意識レベルで両方出来るのが理想的ですね。

本当は今回一緒に書いてしまいたかったんですが、

腹式呼吸の仕方は次回書きたいと思います。

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 呼吸

    その14「呼吸のお勉強」

    さて、今日は呼吸について書きたいと思います。これは発声全般に言えること…

  2. 呼吸

    その139「大きい声にたくさんの息はいらない」

    さて、今回は息の量についてです。声を出す時に息の量を調整すると言うのは…

  3. 呼吸

    その37「お腹から出てる声って?」

    質問:お腹から出てる声ってどういう声ですか?回答:お腹から声を出すとい…

  4. 呼吸

    その17「簡単な腹式呼吸の導入法」

    こんにちは☆昨日出張レッスンが終わりまして簡単なお知らせになりますが、…

  5. 呼吸

    息は吐き切らない方がいい?

    質問: 息は吐ききれば自然に吸えるからという事で、吐く事を重視して教わ…

  6. 呼吸

    ブレストレーニングの有用性。

    こんにちは、AKIRAです。今回の記事はブレストレーニングについてです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  2. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  3. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  4. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  5. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。