呼吸

その19「腹式呼吸の練習法」

今回は腹式呼吸の実際に良くある練習法を一つ教えたいと思います。

歌に使うとなるとまた別のメニューが必要になる場合もありますが、

歌う前の準備運動などでも取り上げられる練習法です。

もし気に入ったら使ってみてください。

「スー」と音を立てて

舌で口の中の息の通り道を塞ぎながら

息を吐いていきます。

息がある程度なくなったら、

胸が痛くなるほど息を吐き続けずに

また息を吸い、これを繰り返します。

ちょっと理屈っぽくなってしまうんですが、

息の通り道が狭く、息がスムーズに出ないほど

息を押し出すには圧力が必要になります。

なのでこの時に胸や、胸より上部に力が入らないようにすると

自然にお腹の筋肉は働きやすくなります。

腹式呼吸の時にはお腹の横周りや後ろが動くと

体を固めずに強い力が使えるので

そこが動きやすくなるように意識してみるといいです。

お尻の穴を締める事でも自然に動きやすくなると思います。

基本は軽めに息を吐いていくのですが、

強めに息を吐く練習もあります。

いずれも上半身はリラックスしながら行う事が大事です。

腹式呼吸については今回でとりあえず一区切りにしたいと思います。

また何かあったり質問を受けた場合はその都度書きますので。

次回は発声のトレーニングの種類について書こうと思います。

では(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 呼吸

    ブレストレーニングの有用性。

    こんにちは、AKIRAです。今回の記事はブレストレーニングについてです…

  2. 呼吸

    その36「腹式呼吸のために腹筋はした方がいいの?」

    質問:私の友達は腹式呼吸を身に付けるために毎日腹筋をやっているのですが…

  3. 呼吸

    その139「大きい声にたくさんの息はいらない」

    さて、今回は息の量についてです。声を出す時に息の量を調整すると言うのは…

  4. 呼吸

    その15「胸式呼吸と腹式呼吸」

    このコラムももう15回になります。早いですね(;^_^A日に日に見てく…

  5. 呼吸

    その14「呼吸のお勉強」

    さて、今日は呼吸について書きたいと思います。これは発声全般に言えること…

  6. 呼吸

    その35「発声を良くするにはまず呼吸法?」

    質問:僕のヴォイストレーナーは「良い発声には呼吸がとにかく大事だから、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  2. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  3. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  4. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  5. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。