発声

その26「声量について」

筋肉の続きで、今日は声量について書こうと思います。

声量を増やすにはどうしたらいいかと考えた時に、

一般的にはお腹から声を出すとか、

腹筋を使うとかお腹の方向で考えたり、

体に響かせるとかそういう考え方が多いと思うんですが、

実は厳密に言うとこれは正しい方法ではないのです。

じゃあ腹筋は使わないのかと言うとそうではないのですが、

それよりももっと大事な事があるのです。

これが理解出来てないと

自分で練習する時も思ったような成果が出づらくなります。

特に長期間に渡るトレーニングの中では大きな差が出てきます。

例えば冷静に考えてみましょう。

もし体に響く事が声量を一番作れるのだとしたら、

体の小さい人は全く大きい声が出せない事になります。

子供では物理的に大声が全く出せないはずでしょう。

でもどうでしょう。

赤ん坊は生まれた時から大声で泣きます。

体が小さくても声量のある方はたくさんいます。

そうやって考えると結びつかない事が多くないでしょうか。

「体の響かせ方を知ってるか知らないかの問題だ」

と言う人もいるかもしれません。

しかし意識的に声を響かせたり響かせなかったり、

または響く場所を変えたり出来るとしたら

それはどこで行っているのでしょうか?

本当はそこが一番大事なのです。

これがしっかり理解しているかしていないかで、

声に対する見方はかなり変わります。

体の響きだけで声を見ようとしても

抽象的な声の見方しか出来ない事が多く、

直接的に声に作用を働きかける事が出来ないので

声のコントロールが自由自在にしづらく、

そのせいで問題の解決が難しくなったりします。

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    最短距離で進もう。

    こんにちは、AKIRAです。今日は ボイトレの効率 について書いていこ…

  2. 発声

    その167「歌うのに肺活量はたくさん必要?」

    この前生徒と少し話していた話題でもあるんですが、歌うのに肺活量がたくさ…

  3. 発声

    ご質問を頂いたので質疑応答。

    前回の記事に対しての質問がいくつか来たので、質問者に許可を得てこちらに…

  4. 発声

    歌を始めるのに遅いことはない。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。歌は高価な楽器や道具を購入…

  5. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。今回は、ボイトレの…

  6. 発声

    その101「ボイトレで出来る事と出来ない事」

    こんにちは。今回はボイトレで出来る事と出来ない事のお話をしたいと思いま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  2. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  3. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  4. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  5. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。