呼吸

その35「発声を良くするにはまず呼吸法?」

質問

僕のヴォイストレーナーは「良い発声には呼吸がとにかく大事だから、まず正しい呼吸法を身に付けて声を変えていかなければいけない」と、息吐き等を中心に教えているのですが・・・。

回答

実際にこういう教え方をされている先生もいますし、

こういう教え方をしている書籍等も見かけるのですが、

呼吸器官が弱っている人を除いて

この教え方は最善の教え方ではないと思います。

呼吸に関して相当な訓練を積んだ人達、

つまりヨガや瞑想の達人が果たして素晴らしい声が出て、

素晴らしい歌が歌えるでしょうか?

答えはそうではないと思います。

声を扱う上で、呼吸よりも重要になってくるのは

声帯などの発声器官を扱う高い運動能力なのです。

発声器官の運動レベルが上がり、

声の正しい使い方を学べば自然に呼吸法も変わってくるし、

通常はその中で変えていけばいいのです。

もちろん発声時にどんな呼吸をしてるかも人それぞれなので、

間違った呼吸、おかしな呼吸をしている人は

それが歌いにくいきっかけになったりしています。

その場合は僕も呼吸法を指摘したりする事もあります。

しかし通常は「喉の筋肉」への直接のアプローチが

一番効率のいい発声の改善方法だと思っています。

呼吸のみの改善から発声を変えていく事も出来なくはないのですが、

これだと確実性がないのと狙った通りの効果が作りづらいのです。

基本的に呼吸を強くする事で得られる効果としては、

声量を増やす、声を太くする、などがあります。

が、これは呼吸からアプローチしなくても出来るのと、

呼吸からアプローチした場合に必ず上手くいく訳でもないので

効率のいい練習とは言えない部分があるのです。

呼吸の改善も必要な場合もありますが、

あまりに呼吸の事ばかりを重視する先生がいたら

ちょっと注意してみてもいいかもしれません。

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 呼吸

    その19「腹式呼吸の練習法」

    今回は腹式呼吸の実際に良くある練習法を一つ教えたいと思います。歌に使う…

  2. 呼吸

    その37「お腹から出てる声って?」

    質問:お腹から出てる声ってどういう声ですか?回答:お腹から声を出すとい…

  3. 呼吸

    その139「大きい声にたくさんの息はいらない」

    さて、今回は息の量についてです。声を出す時に息の量を調整すると言うのは…

  4. 呼吸

    その125「猫背は声が出しづらい」

    今回は姿勢について書きたいと思います。これはそんなにレアな情報ではなく…

  5. 呼吸

    息は吐き切らない方がいい?

    質問: 息は吐ききれば自然に吸えるからという事で、吐く事を重視して教わ…

  6. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。今回の記事では、誰…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  2. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  3. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  4. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  5. 心の処方箋

    止まない雨はない。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。