音域

その38「高音域を伸ばすにはまず低音から?」

質問

私の先生は高音域を伸ばしていくには地声で低音域、中音域をまずしっかり鍛えて、そこから少しずつ高音域を出せるようにしていくという考えなのですが・・。

回答

発声に関しては様々な考え方があります。

が、実際に高い声を伸ばすのを得意とするヴォイストレーナー達は

一般的に「高い音域はある程度高い声から鍛える」と言う考え方が多いです。

なぜかと言うと、100%断言とは言えないのですが、

低音域を充実させる事で高音が伸びる事はほとんどないからです。

逆に高音が伸びて低音も出しやすくなる事は結構ありますが。

高い声が出ない人のタイプも様々にあるので、

本人が高い声が出せないと思っているだけで

すでに出せる状態が整っている場合などは

本当にちょっとしたきっかけで出せるようにする事が出来ます。

そういう場合はそれでも広がるかもしれません。

ただ「高い声のための訓練」はある程度の高さでないとやりづらいので、

低音から鍛えていくと言う事はほぼないと考えていいと思います。

高音域だけに限らないのですが、

発声に関して鍛える余地を残している人はたくさんいます。


本人は気付いていない事も多いです。

その場合ちゃんとそれに気付かせてもらえる先生や、

本人が気付く何かのきっかけが必要になります。

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 音域

    その41「低い声が得意だと高い声は細くなる?」

    質問:低い声が得意で低い方に広い人は、高い声に行けば行くほど裏声っぽく…

  2. 音域

    その39「高い声はお腹を使わないといけない?」

    質問:高い声はお腹を使わないと出ないんですか?回答:高い声を出している…

  3. 音域

    その51「裏声の鍛え方のちょっとしたコツ」

    今回は前回の続きで、裏声の鍛え方のコツを少し書きます。まず、自分の裏声…

  4. 音域

    その50「高い声を伸ばすには?」の続き

    さて、高い声を伸ばすためのコツその2です。細かく書き始めるときりがなく…

  5. 音域

    その44「低音域を伸ばすには?」

    質問:低い声の鍛え方を教えて下さい。回答:文字だけだと細かい教え方は教…

  6. 音域

    その49「高い声を伸ばすには?」

    質問:高い声の伸ばし方を教えて下さい。回答:裏声のような響きの高い声を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  2. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  3. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  4. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  5. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。