ボイトレ

スポーツでも筋トレに対する考え方は変わってきている。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

先日Facebookでマラソンランナー指導者の知人が投稿していたのですが、
その記事が面白かったので内容を少しシェアしますね。

その概要は、

スポーツの現場でも筋トレに対する概念が少しずつ変わってきていて、
筋肉を増やして体を大きくする事よりも、

「コンディショニング」
「身体の機能を高める」
「整える」
「刺激を入れる」

などの概念がトップで広まり、
下の世代に降りてきている風潮が強くなってきた。

筋肉を増やすトレーニングよりは、

「今、自分が持っている身体の能力を最大限まで引き出す」
「無駄な力みや代償動作をなくし、故障を防ぐ」
「故障しない身体の効率的な使い方を身につける」

これらを重視して指導する、という記事でした。

これはボイトレでも同じように言えるのではないでしょうか。

私も以前からずっとボイトレで同じ事を考えていたので、
肉体をより酷使するスポーツの世界でも
似たように考えられてきていると知れて嬉しいです。

私の場合は自分で長年弾いてきたピアノの指がヒントになっていますが、
単純な筋トレよりも、
その筋肉をいかに上手く操るかという神経伝達や筋肉の柔軟性など、
喉の機能を効率良くいかに高めるかの方が大事だと考えています。

それが前提にある上でどんなトレーニングをするのか、
そこには色々な手法があると思いますが、
トレーニングする上でその根本の軸が定まっていると
訓練の効果も出やすくなり事故も防げるでしょう。

この方とも今度お会いして
その辺りのスポーツ理論を色々聞いてみたいなと思っています。

話した内容をこのメルマガでシェアしても良いかもしれませんね。

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

体を鍛えると声が出にくくなる?前のページ

関西出張ボイトレレッスンのお知らせ。次のページ

関連記事

  1. ボイトレのヒント

    ボイストレーニングを行う時間帯。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイストレーニングを行う時…

  2. 発声

    その140「歯並びが悪いと発声に影響する?」

    質問: 歯並びが悪いと発声や声の響きに影響は出るのでしょうか? 回答:…

  3. 発声

    その184「価値観を正せば結果が変わる」

    僕のレッスンを受ける方は初めて歌、発声のトレーニングを取り組む完全な初…

  4. 発声

    歌が上達するにつれて変わっていく楽しみ方。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。歌が上手くなってくると周り…

  5. 発声

    コスパの良い発声を作ろう!

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。今回は、「コスパの…

  6. 発声

    ライブや本番当日の喉の準備法。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイスユーザーは、ライブや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  2. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  3. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  4. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  5. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。