Q&A

ピッチを合わせるにはどうすればいいですか?

メルマガでのQ&Aを掲載しております。

今回は少し特殊なケースですが
今月あったうちの店の忘年会で演奏した後に
頂いた質問のやり取りをQ&Aとして載せますね。
 

【質問】

ところで、ここで質問していいものか迷ったのですが…

昨日歌った動画をみたら、
歌っている間に感じていた以上に
ピッチが合っていないことに気付き驚きました。

特にファルセットを使うとそうなります…。
これはやはり声量が足りないために
自分が出している音を把握しきれていないということなんでしょうか。

昨日はAKIRA先生もコチラの歌まで
聴いてる余裕が無かったかもしれませんが(^^;

何かアドバイスなどあれば
良かったら教えていただけたらと思いましたm(__)m
 

【回答】

簡単に解説すると、
喉の中には音程を調整する筋肉の動きというのがあって
それはピアニストが正確に指を動かすための筋肉のようなものなんですよね。
(質問者の方はピアノ奏者なのでピアノで例えています)

ピアノにおいては指や手首が自由に動きやすいほど
音が細かく正確に取れるように、
声では声帯が自由に動きやすいほど歌で正確に音が取れます。
 

ですので今回の質問者さんはピアノは正確に弾けますが、
歌ではまだ喉周囲の筋肉や声帯の扱い方が慣れていなかったり
声の調整方法が上手く掴めていないため細かいピッチが合いにくい、
みたいなものがあるのかもしれません。
 

声帯をしなやかに柔らかく動かせるように
声をこれからさらに鍛えたり色々な曲を歌っていくと
自然に音程も正確になり声量も付いてきて
ますます歌いやすくなってくると思いますよ!

 

【質問】

ということは、やはり練習量や経験がまだまだ足りないんでしょうね…!

言われてみると、普段の練習で同じ曲を何度か歌っていても、
一回目より二回目、三回目と
ピッチを合わせやすくなっていたかもしれません。
やはり筋肉の動きが良くなっていくからなんですね。

そう考えるとウォーミングアップがいかに大事かと今すごく実感します…。
ありがとうございますm(__)m
 

【回答】

そうですね、例えばピアノでも
何度も同じ曲を弾いていると
段々演奏のミスは少なくなってきますよね。

何度も弾くうちに手や指の位置、動きを覚えたり
次にどう弾けばいいかをチェック出来るからです。
 

やはり歌も同じで、
同じ曲を何度も歌っていると少しずつ音程は正確になり
歌にも余裕が生まれてきます。

これは曲中での声帯や息の動かし方、微妙な力加減の調整が
何度も歌っているうちに段々掴めてくるからです。

また、何度も歌ううちに
どう歌えば魅力的になるかも無意識で掴みやすくなります。

 

ピアノやギターでも
経験年数が長い人の多くは柔らかい手首や指の動きをしますよね。

年数をかけて様々なリズム、メロディー、構成の曲を弾くことで
あらゆる曲をより早く、より上手に弾ける対応力が身に付くわけですが、
歌も同じで経験年数が長くたくさんの歌を歌っている人の方が
あらゆる歌をより早く、より上手く歌う対応力が身に付いていたりします。
 

筋肉の動きが良くなってくるということは
単純な筋肉が柔らかいかどうかもありますが、
それよりも脳を介した発声に関する筋肉の操作が上手になってきた、
という事でもあるので、
ただウォーミングアップをするよりも
どんどん歌ったり声を出したりしながら
脳を刺激していってあげるのが良いかと思います。
 

参考にしてみてください。
3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. その他

    ジョンレノンの望んだ世界。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。今日12月8日は偉大なミュ…

  2. その他

    今年も無事に誕生日を迎えることが出来ました。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。本日無事にまた誕生日を迎え…

  3. Q&A

    有名になる事と幸せは結び付かないんですか?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】僕はシ…

  4. ボイトレのヒント

    その131「問題点を知る」

    さて、出張レッスンや、他のお仕事で初対面の方にたくさんレッスンする機会…

  5. ボイトレのヒント

    その112「自由自在なコントロールのために」

    前々回の「喉の動きの記憶」の続きになります。さて、前の記事では「声が決…

  6. 歌のヒント

    作り手のこだわりに注目しよう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。歌楽器演奏絵画イラスト陶芸…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  2. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  3. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  4. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  5. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。