発声

声にパワーを付けていく時に気を付けなければいけないこと。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

声量をつけたい!と思って
ボイストレーニングをされている方も多いと思います。

声量のある声や張りのある声は
聴いていても気持ちいいですし、
そういう声に憧れる方もいるのではないでしょうか。

そんな声量をつけるボイストレーニングをする上で
気を付けておいた方がよいことがいくつかあります。

あまり強く声を出し過ぎないということと、
強く息を出し過ぎないということです。

一見大きな声を出していると
声量が上がっていきそうに感じると思うのですが、
強い声を出そうとしたり息を強く出し過ぎると
喉や声帯を緊張させて固めてしまう可能性が高まるのです。

声帯の緊張が強くなると
細かい動作をすることが難しくなり、
思い通りのコントロールがしにくくなることがあります。

また、音量や息の量に気を付けていても
喉や声帯が緊張するケースもありますので、
これだけに気を付けておけばOKかというとそうでもありません。

でもいずれにしても言えるのは、
喉や声帯の緊張はボイストレーニングの上達を阻害するため
出来るだけリラックスしやすい状態を作った方がよいということです。

ここがかなり重点を置くポイントだと思います。

大きな声を出さなくても
声量を上げたり声の張りを作るトレーニングは可能です。

安全度の高い声量やトレーニング内容は
結節やポリープを作る危険を少なくし、
トレーニングにより声量を上げる事ができる確率も高まります。

歌を歌ったり音声表現を考えるのであれば
ただ声の強さを作ろうとするよりも
柔らかく機敏な動きや音色の種類を多く作ることを考えると
声帯の動きはどんどん柔軟になっていきますよ。

参考にしてみてください(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    声帯の状態による振動面積の増減と周期性の変化。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。先日の医学会で発表された演…

  2. 発声

    小さめの声のボイトレはポイントを意識しながら。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。小さい声でも効果的なボイス…

  3. 発声

    ライブや本番当日の喉の準備法。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイスユーザーは、ライブや…

  4. 発声

    効果が出てるかを見極める目安。

    人間は長い間何かの動きを繰り返し行っていると段々それが簡単に出来るよう…

  5. 発声

    その176「息は量とスピードの2面で考えよう」

    僕らは声を出したりする時に「息」を意識すると思います。今回は呼吸法とは…

  6. 発声

    喉はリラックスさせることが重要。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイストレーニングのレッス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  2. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  3. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  4. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  5. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。