発声

声の調子を悪くしやすい要素。

こんにちは、AKIRAです。

最近少しずつ涼しくなってきていますが、
これから声を使うボイスユーザーにとっての
辛い冬の季節がやってきます。

声の調子を悪くしやすい日常の癖などについて
少し書いていきたいと思います。

・必要以上に大声で長時間騒ぐ

宴会や飲み会などがあると
普段以上に大きな声を出す機会もあると思います。

特にアルコールが入ると
脳の感覚が鈍ってくるため必要以上に大声になりやすくなります。

周りが騒がしいとどうしても自分も大声になりやすいですが、
声帯の負担も大きくなる可能性があるので注意は必要です。

ライブ前や大切な本番前などは気をつけましょう。

・乾燥している場所での口呼吸

鼻で呼吸をしていると
基本的に鼻腔を空気が通る間に湿度は90%以上となります。

ですので鼻から息を入れた方が声帯には非常に優しいのです。

歌を歌う場合に全てを鼻呼吸で、というのは難しいですが、
日常生活では鼻で呼吸していた方が声帯の乾燥を防げます。

声帯はいつも保湿されていると
粘膜表面の柔らかさも保たれやすくなり振動しやすくなります。

乾燥についてはマスクを使ってもいいですし、
マスクは乾燥によって増えるであろう風邪の感染の予防もできますね。

声を大事にしたい方はそろそろ気をつけていきましょう(o^-‘)b

********************************

質の高いボイトレをするなら東京のIPC VOICE STUDIOへ♪

AKIRAの地方出張レッスン日程はの確認はこちらから☆

********************************

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    喉の柔軟性を持つということ。

    こんにちは、AKIRAです。さて、久々に発声について書くことができそう…

  2. 発声

    その143「続続・喉に負担が来る仕事は変えた方がいい?」

    今回も前回の続きです。これで最後になります。今回はボイストレーニングで…

  3. 発声

    その77「音痴のタイプ」

    音痴、と言うとちょっと言い方が悪いんですが、上手く歌が歌えない人にはタ…

  4. 発声

    その102「声は作ってはいけない?」

    質問: この前歌い方を変えたらバンドのメンバーにそれは作り物の声だと言…

  5. インフォメーション

    ハイトーンボイスのボイトレ書籍発売から2年が経ちました。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。私の最新ボイトレ書…

  6. 発声

    大きな声が楽に出せるようになってきました。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。カラオケなどで声量がなくて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  2. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  3. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  4. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  5. 心の処方箋

    止まない雨はない。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。