発声

声帯のコントロールを掴むボイトレで理想の声を作ろう。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

声の鳴らし方や響かせ方が分かってくると
強い力を使わずに発声することが可能になってきます。

正しいボイトレで声を鍛えていくことにより
体感があまりないような弱いパワーでも
大きな声量、高い声の発声をすることができます。

ここが僕のボイトレの一つの目標になっているんですよね。

特に高音になると顕著に起こりやすいですが、
喉や舌の力みは疲れやすくするだけではなく
声のコントロールをし辛くしてしまうため
音程が外れやすくなったり毎日の調子の波を大きくしてしまいます。

逆により少ない力でより効率良い発声が出来るように作っていくことで
歌に余裕も出来るしテクニックや表現に集中しやすくなるのです。

音程も当たりやすくなるし声の調子の波も比較的少なくなります。
(人間の体なので波をゼロにすることは不可能ですが)

こういう状態を作ることができると
そこからは効率良く歌をレベルアップしていけます。

ですので、順序として
まず力みのない自由な発声作りが一番になってきます。

また、その発声作りをしながら
歌の表現や技術を学んでいくと
最短距離で理想に近づいていくことができます。

参考にしてみてください(‘-^*)/

2016年8月19~22日福岡、広島、大阪出張ボイトレレッスン決定!
日程や場所などの詳細はこちらをクリック

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

ピアノの発表会やミニコンサートなどに。前のページ

ボイトレで説得力のある声を作ろう。次のページ

関連記事

  1. 発声

    歌手の体と心の健康管理。

    こんにちは、AKIRAです。最近ちょっとブログの更新が滞り気味ですいま…

  2. 発声

    その146「喉が痛くなる、高い声を出すとむせる方」

    こんにちは。今回は、「ボイトレで出来る事」を一つ書きたいなと思います。…

  3. 発声

    声帯の状態による振動面積の増減と周期性の変化。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。先日の医学会で発表された演…

  4. Q&A

    喉が起きるのに時間がかかるのはなぜですか?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】…

  5. 発声

    その176「息は量とスピードの2面で考えよう」

    僕らは声を出したりする時に「息」を意識すると思います。今回は呼吸法とは…

  6. 発声

    声帯炎の原因について。

    こんにちは、AKIRAです。よく生徒に話すことが多いので、声帯炎が起こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  2. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  3. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  4. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  5. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。