心の処方箋

変化を受け入れる。

もうずっと前に僕がお世話になっていた方が教えてくれた言葉があります。

最近似た内容を仰っている方がいてこれを思い出したんですが、

それを僕なりに理解した言葉で書きたいと思います。

時間はいつも立ち止まる事なく流れています。

時間が流れていれば、全ての物はいつまでも同じ状態を保つ事は出来ません。

その物の形や質はいつもどんどん変わっていきます。

良い方向にも悪い方向にも。

僕らの人生もやはりそれと同じで、

いつも同じ状態でいるということは出来ません。

僕らの体は時間が経てばそれに応じて変わっていくし、

考え方も、考える内容も、心の中も変わっていきます。

そして仕事、趣味、家族、友人、恋人、

その他の全ての環境もいつも変化し続けます。

もちろん自分が関わる環境だけではなく、

自分が全く関わりの無い環境であっても全て変化し続けます。

この変化し続ける世の中で強く生きていくにはどうすればいいか。

僕が頭の中に置いている根本の考え方がいくつかあります。

・自分が良い状態に変化していけるように努力をする。


・いつか悪い方向に変化する可能性のあることに対して対策と心の準備をしておく。


・起こってしまった変化、避けられない変化に対して受け入れる。


・受け入れた上で今後自分が何をすべきなのかを考える。

この4つが自分の基本の軸になっています。

もちろん僕もこれがいつもちゃんと出来ているわけではなくて、

良い状態に変化出来ない時もあるし

内容によっては事実を受け入れるのに時間がかかる事もあります。

でもこの考え方をするようになって、

具体的には、留まっていることが普通なのではなく

良くも悪くも全て変わっていく方が普通なんだと認識する事で、

かなりの事が冷静に受け止められるようになったと思います。

この時期にこれを書くべきかどうかと言うのも少し迷ったんですが、

(見る人によってはネガティブな印象を持ってしまうかもしれませんが。。)

この記事を見た中の共感してくれた方だけでも

今後役に立ててもらえたらいいなと思って書いてみました。

あらゆる事に対して当てはめられる考え方ですので、

参考にしてもらえたらと思います(^_^)v

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 心の処方箋

    自分に備わっている素質に気付こう。

    自分の欠点に目を向けるというのは悪い事ではありません。でも自分の欠点に…

  2. 心の処方箋

    一歩ずつ、少しずつ。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。人生ずっと絶好調という人は…

  3. 心の処方箋

    転んでもまた起き上がればいい。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。歌を歌って活動していると色…

  4. 心の処方箋

    人それぞれの位置づけ

    あなたにとって「歌」とは何でしょうか?たまにこういう言葉を耳にすること…

  5. 心の処方箋

    明日は今よりもっと良くなる!

    こんにちは、AKIRAです。人それぞれ、その時々、状況は違います。現在…

  6. 心の処方箋

    類は友を呼ぶ。だからこそ自分を磨こう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。「類は友を呼ぶ」という言葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  2. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  3. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  4. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  5. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。