発声

多言語の歌を練習するメリット。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

僕のボイトレレッスンでは日本語の歌だけでなく、
英語や韓国語、中国語、ポルトガル語などの曲を使うことがあります。

多言語の歌を材料としてトレーニングすることには
いくつかのメリットがります。

まず一つは、しっかり取り組むことで
母音や子音を注意深く聞き取るきっかけになるということです。

主言語(僕らの場合は日本語)の歌の場合、
元々言葉の意味が分かってしまうため
母音がどうなっている、子音がどうなっている
という所までしっかり聴き取ろうとしないことが多いのです。

言葉の一つ一つの発音の仕方、音の作り方には
歌を上手く聞かせるコツがいくつもあるため、
ここを素通りせずに深く見ていく時間を作ることは
その人にとっての歌の上達や理解に繋がっていきます。

ポップスやロック、R&B、JAZZで
日本人にとって日本語以外というと英語が主流ですよね。

日本人には馴染みもあり取り掛かりやすいです。

日本語にない発音などもあるので、
舌や唇を上手く使って音作りをやってみるといいでしょう。

参考にしてみてください(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    その151「話し声から歌声を変えてみる」

    今回は歌声を良くしていく一つの方法の紹介です。このブログを見ている方の…

  2. 発声

    その73「継続的に指導者が必要な理由」

    発声に限らずですが、トレーニングでは常に指導者が必要な理由があります。…

  3. 発声

    良いご縁に感謝です。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイトレ、歌、音楽、メンタ…

  4. 発声

    その160「どんな理由でボイストレーニングを受ける?」

    僕のブログを見てくれている方は歌を歌う方、芝居をやっている方など芸術を…

  5. 発声

    小さい声で練習すると大きい声は出しにくくなる?

    質問: 小さい声でばかり練習していると、大きい声が出なくなってくる事っ…

  6. 発声

    その182「国によって違う声の好み」

    こんにちは、AKIRAです。今回は話し声についての話をしていきますね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  2. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  3. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  4. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  5. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。