発声

大きな声量に強い力は必要ありません。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

声量を大きく出すには全身の強い力が必要だとか
大きな体格が必要だと言われがちですが、
実際はそんなことはありません。

もちろん力を込めて出すことも出来ますが、
そうじゃなく声量を出す方法もあるのです。

もし体格が必要だとしたら、
赤ん坊の段階でみんなあれだけ大きな声を出せるというのが
おかしな話になってきてしまうんですよね。

年と共に成長して体は何倍も大きくなって体力も上がって、
じゃあ声量はそれに比例して大きくなるかというと
そうはならないですよね。

つまり声量には体格とは全く別の要素が関係しているのです。

大切なことは声帯をきちんと鳴らすことです。

声帯がしっかり合わさっているかもありますが、
ちゃんと鳴らすためには声帯自体に力が入っていると
逆に振動を遮ってしまうことがあるため、
喉頭や声帯がリラックスしていることも重要なのです。

最低限の負担、最低限の力で
最大の効果が出せる発声を目指していきましょう。

参考にしてみてください(o^-‘)b

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    その79「歌えない事はおかしな事じゃない」

    今回もちょっと前回と続いている部分はあるんですが、前回に歌は理屈で細か…

  2. 発声

    その102「声は作ってはいけない?」

    質問: この前歌い方を変えたらバンドのメンバーにそれは作り物の声だと言…

  3. 発声

    その8「声が出る仕組み」

    皆さんこんにちは♪今回から声の勉強に入っていきましょう。と言っても声の…

  4. 発声

    ライブ中に水を飲まなくても良くなる方法。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ライブの本番になると喉が渇…

  5. Q&A

    音声疾患の原因や治し方は大体みんな同じでしょうか?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】こんに…

  6. ボイトレ

    歌が上手くなるためのボイトレ・練習で意識するべきポイント

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。このブログでは、“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  2. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  3. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  4. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  5. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。