発声

大きな声量に強い力は必要ありません。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

声量を大きく出すには全身の強い力が必要だとか
大きな体格が必要だと言われがちですが、
実際はそんなことはありません。

もちろん力を込めて出すことも出来ますが、
そうじゃなく声量を出す方法もあるのです。

もし体格が必要だとしたら、
赤ん坊の段階でみんなあれだけ大きな声を出せるというのが
おかしな話になってきてしまうんですよね。

年と共に成長して体は何倍も大きくなって体力も上がって、
じゃあ声量はそれに比例して大きくなるかというと
そうはならないですよね。

つまり声量には体格とは全く別の要素が関係しているのです。

大切なことは声帯をきちんと鳴らすことです。

声帯がしっかり合わさっているかもありますが、
ちゃんと鳴らすためには声帯自体に力が入っていると
逆に振動を遮ってしまうことがあるため、
喉頭や声帯がリラックスしていることも重要なのです。

最低限の負担、最低限の力で
最大の効果が出せる発声を目指していきましょう。

参考にしてみてください(o^-‘)b

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. ボイトレ

    年齢が何歳からでも声はボイトレでレベルアップ出来る!

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイトレはいつからだっ…

  2. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。毎年冬が近づくにつ…

  3. 発声

    ビブラートが上手く出来ない場合。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。定期的にレッスンで話題にな…

  4. 発声

    声帯の状態による振動面積の増減と周期性の変化。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。先日の医学会で発表された演…

  5. 発声

    歌の音程の精度を上げるために。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。歌の音程がズレやすい場合、…

  6. 発声

    その165「歌にどういう意図を持たせるか」

    ちょっと間が空いてしまいましたが前回の続きです。前回、「表現はバランス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  2. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  3. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  4. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  5. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。