発声

小さい声で練習すると大きい声は出しにくくなる?

質問:

小さい声でばかり練習していると、大きい声が出なくなってくる事ってありますか?


回答:

そうですね、小さい声ばかりを出していたせいで、

大きい声が出しにくい、というか出し方がよく分からなくなる

というケースは実際にあると思います。

大きい声を出せる能力が整っていないのにただ大きくしようとすると

筋肉や声帯を必要以上に緊張させてしまったり、

またそれによって声帯にかかる負担を大きくしてしまいます。

でも小さい声で練習ばかりをしていると、

今度は大きい声の出し方のフォームや感覚を忘れてしまうという事もあります。

僕は日ごろから「発声練習は小さい声でも出来るよ」と言っていますが、

それらの練習は「実際に歌う時とは別に考えよう」とも言っています。

つまり、小さい声で練習していても内容が適切であれば

少ない負担で効率良く声量を増やしていったり音域を広げていく事が出来ますが、

でも大きい声の出し方もこれはこれで練習しないと

「大きい声の出し方」を忘れてしまう事もあるのです。

初めから声量を出してやる方が手っ取り早いという考え方もありますが、

でも小さい声の練習にはたくさんのメリットがあるので

個人的には小さい声の練習と大きい声の練習は両方必要かなと思います。

どのぐらいの割合でやるのが最適かは人それぞれ違うんですが、

実際の歌の練習などではある程度声量を出してみたりなど

小さい声の練習以外のメニューを作ってやってみて下さい。

そうやっていれば小さい声での練習をたくさんしていても

「大きい声が出なくなるかも・・・」なんて不安はなくなると思います(^_^)v

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    その156「続・歌は他の器楽と比べて楽器管理が大変」

    前回の続きです。ちなみに誤解がないように書いておきたいのは他の楽器の場…

  2. 発声

    花粉症時期に歌う際の注意点。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。少しずつ春に近付いてきまし…

  3. 発声

    その101「ボイトレで出来る事と出来ない事」

    こんにちは。今回はボイトレで出来る事と出来ない事のお話をしたいと思いま…

  4. 発声

    ボイトレに慣れていない場合の注意点。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイトレに慣れていないと色…

  5. 発声

    その167「歌うのに肺活量はたくさん必要?」

    この前生徒と少し話していた話題でもあるんですが、歌うのに肺活量がたくさ…

  6. 発声

    高齢化による声帯萎縮。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ご高齢の方で声がかすれたり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  2. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  3. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  4. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  5. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。