メンタル

心地良い空気を作ろう。

こんにちは、AKIRAです。

今回からメンタル面について
いくつか書いていきたいと思います。

先日勉強してきた発声医学については
書くとしたらもっと先になりますのでご了承下さい(;^_^A

脳科学、脳医学を勉強している中で
僕がお世話になっていた工学博士の志賀先生が出したデータに、
「人の脳波は何かの力を通じて周りの人に同調する」
というものがありました。

何の力を通じてなのかは
科学的にまだ分かっていないのですが、
何かの力を通じて脳波はシンクロしていくようです。

ここからは僕の経験からの考察なのですが、
単純に脳波というだけでなく
その時に強く想う感情や心情は音や視覚、触覚などの五感や空間を通じて
周りの人に伝染していくのかなと考えています。

「場の空気」「その人の持つ空気」という言葉もありますよね。

例えばいつも不機嫌な人と一緒にいると、
自分も不機嫌になってきてしまう。

また、逆にいつも楽しそう、喜び溢れている人と一緒にいると
自分もなんだか楽しくなってくる。

人それぞれ感受性は違うでしょうが、
みなさんこんな経験があるんじゃないかと思います。

もし想いが何かの力で
周りの人達に伝わるのだとしたら、
プラスの気持ちで普段から生活していれば
自分が気持ちいいというだけでなく
周りの人にもそのプラスの想いを与えることができますし、
接する相手との人間関係も良くなります。

もちろんそれが全ての相手に上手くいくかというと
相性などもあるのでそうとも言えないでしょうけど、
でもせっかく生きていくなら
人に不幸やネガティブを振りまいて生きるよりも
プラスやポジティブなもの、
優しさや愛や幸せを与えて生きていけたらいいですよね。

周りの人も良い気持ちになれるし、
結果的にそれは自分の人生を豊かにしてくれます。

自分のために、そして周りのみんなのために、
プラスの心地良い空気を作っていきましょう(o^-‘)b

********************************

質の高いボイトレをするなら東京のIPC VOICE STUDIOへ♪

10/26(土)AKIRAの秋田出張レッスンの詳細はこちらから☆

********************************

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. メンタル

    「他人が気になる」を手放そう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。「他人のことが気になる」と…

  2. メンタル

    人は努力で自分を輝かせることが出来る。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。先日入荷された新刊ですが、…

  3. メンタル

    歌を愛する想いの大切さ。

    こんにちは、AKIRAです。歌を長く続けていけばいくほど、壁に当たった…

  4. メンタル

    その7「歌は楽しんではいけない?」

    前回書いた歌が楽しめない主な原因1、自分の歌や発声に満足出来ない2、歌…

  5. メンタル

    あなたの持っている能力をもっと活かすために。

    こんにちは、AKIRAです。以前に書いた「心地良い空気を作ろう」「場の…

  6. メンタル

    努力する理由も人それぞれ。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。努力をすることが好きな方も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  2. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  3. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  4. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  5. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。