発声

息はたくさん吐き過ぎない。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

今回は息についてのお話です。

ボイトレでよく言われている腹式呼吸ですが、
深い呼吸には喉頭やその周囲の力を抜き
内腔を広げてくれる効果があります。

ボイトレする際や歌う際には
とても役立つものではあるのですが、
呼吸を意識することで
息の量をたくさん吐こうとしてしまったり
またはそうしなければいけないと考えてしまっている方もいます。

息の量はたくさん出そうとし過ぎると
声帯が合わさりにくくなるため、
使うパワーの割に声量が出しにくかったり
息漏れが多い方の場合は酸欠になりやすくなる傾向があります。

本来声量のある声を出している時というのは
声帯はしっかり合わさっているため
口や鼻から息の量はそんなに出ないのです。

呼吸は深く。でも使う息の量は少なく。

声量は共鳴させたり響かせて効率良く作れるといいですね。

ギターやピアノなどの楽器と同じように、
最低限の力で最大限のパフォーマンスが出来るように
いつもリラックスを中心に考えていってみましょう。

参考にしてみてください(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    質問返答コーナー。

    今回は小さな質問に2つ答えていきますね。質問: ファルセットがうまくで…

  2. その他

    遠方からのボイトレレッスン受講いつも有難うございます。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。あまり自分のレッス…

  3. 発声

    発声の筋肉は少しずつ動いていく。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ピアノやギターの指と同じよ…

  4. 発声

    144「同じ内容に見えるけど・・・」

    たまーにレッスンでお会いするタイプの方で、「このメニューは以前やってた…

  5. 発声

    その66「感情表現の種類」

    感情表現は、音声表現の中の一部でもあります。感情表現には例えばステージ…

  6. 発声

    自分の歌を聴いて泣いてくれる人がいました。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。僕のレッスンに通うボイトレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  2. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  3. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  4. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  5. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。