歌のヒント

歌の練習にはエコーを切った方がいい?

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

「歌の練習にはマイクのボリュームを絞りエコーを切った方がいいのか?」

という質問を受けましたが、
この正解はその歌うスタイルによると言えます。

僕はレッスンでも自分の練習でも
マイクを使ったりリバーブをかけたりするので
自分の声がしっかり聴けているなら問題ないのでは、と思います。

むしろマイクをしっかり使った方が
本番を想定した練習になるし細かい所が聴きやすいんですよね。

声量ありきで考えるケースが多いのであれば
マイクの音量は小さめにして歌うのはありかもしれませんが、
歌に大きな声量が必ずしも必要というわけではありません。

声量がある方が良いというのは
ボイストレーニングや歌ではよくある考え方なのですが、
これも絶対的な正解ではないんですよね。

声量を優先すると強く張りのある声になるので
ロックやクラシックを歌うには向いているのですが、
例えばR&Bやボサノヴァ、ジャズで聴くような柔らかい声を出す上では
声量はなくてもさほど問題ないのです。

スタイルにもよりますが、
それらのジャンルでは声帯を少し開いて声をかすれさせたり、
また呼気を弱くしてある意味弱いような声を使うことが多く
音色の種類や繊細さを求められます。

歌は勝負するフィールドを自分で選ぶことが出来ます。

声量で勝負するのもいいですし、
無理に声量で勝負をする必要もありません。

声を鍛えて磨いていくのを前提として考えても、
人それぞれの適性があったりします。

優れたボイストレーニングを受ければ
その資質はより開花しやすくなるわけですが、開花した上で

「自分が最も得意とする領域で勝負できるかどうか」

が大切なんですよね。

自分はどんなスタイルの歌が得意か。

どんなスタイルなら一番自分が活かせそうか。

そしてそこをどれだけ極められるかどうか。

参考にしてみてください(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 歌のヒント

    ひたすら自分を高め続けていこう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。例えば風邪をひいて声が出な…

  2. 歌のヒント

    息は鼻と口どちらで吸うのがいい?

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。昨日遠方からいらした生徒さ…

  3. 歌のヒント

    不自由から生まれる歌の個性。

    こんにちは、AKIRAです。今日はちょっとボイストレーナーという立場を…

  4. Q&A

    歌が上手くなるためにどんな音楽を聴けばいい?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】初めま…

  5. 歌のヒント

    人はみんな魅力的な音楽を作る感性を持っている。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。僕が今まで数多くのレッスン…

  6. 歌のヒント

    自分の歌と伴奏の音量バランスをいつも気にしよう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。歌が上手くなって人にいざ聞…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  2. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  3. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  4. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  5. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。