ボイトレのヒント

発声する上での2つのポイント。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

ボイトレで声を鍛えていくうえでは、
声帯を合わせるということ、
声帯が鳴りやすい状態を作るということの
2つが重要になります。

声帯は鳴りやすい状態、鳴りにくい状態がありますが、
鳴りにくい状態には主に以下の2つあります。

・左右の表面がお互いに触れ合わず隙間が空いている状態
・左右の声帯が固まって動きにくい状態

隙間が空いてしまっていると
声帯に圧力をかけることが出来ず
振動が起こりにくくなります。

結果息漏れが起こり力強い声も出しにくくなります。

また、声帯が力みで固まっていると
振動させるのに呼気を多く使うことになり
発声のためのエネルギーがたくさん必要になります。

結果理想的な状態と比べて
喉が疲れやすくなったり
声帯自体に起こる刺激も強くなる可能性があるため
スタミナの消費が早くなります。

ですので、声帯はきちんと合わさり閉まること、
そしてその粘膜振動を遮るような力みや硬さがないこと

この2つが大きなポイントとなります。

これらにもコツがあるのですが、
これがきちんと上手く作れれば
今までに比べ発声のしやすさがみるみる変わってくるでしょう。

参考にしてみてください(*^^)v

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. Q&A

    ボイストレーニング後に声が出し辛い原因。

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】ボイス…

  2. Q&A

    歌で息が続かないのはどうすれば良くなりますか?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】初めま…

  3. ボイトレのヒント

    その23「頭と筋肉」

    今回は少しだけ発声の筋肉のお話に入ります。この辺は歌や声に限らず言える…

  4. Q&A

    高音を出す時に喉仏が上がってしまいます。

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】高音を…

  5. Q&A

    歌の入り方が上手くいかない原因。

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】歌の入…

  6. ボイトレのヒント

    その88「100%は信じないように」

    さて、今回も発声の話です。普通に勉強していくだけならここまで考える必要…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  2. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  3. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  4. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  5. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。