発声

知らないうちに入りやすい力み。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

ボイトレをしたり歌っていると、
知らず知らずのうちに力んだ発声になってしまうことがあります。

これは本人が自覚がある場合もあれば、
特に力んでいる自覚がない場合もあります。

どこまでを力みと呼ぶのか、
どこまでが許容範囲かが曖昧で分かりにくいため、
力んでいてもそれが当たり前だと思っていると
特に問題視しなかったりしますよね。

人の自律的な運動は全て筋肉の動きによって行われます。

特定の筋肉の運動がないと
僕らは心臓も動かないし呼吸も出来ないし
発声や歌うこともできません。

運動するには筋力が必要ですから、
少なからずどこかの力を使っているわけです。

では「力みを抜く」というのはどういうことかというと、

より少ない労力でより効率良いパフォーマンスを行う

という状態を考えるといいと思います。

知らないうちに力みは発生しやすく、
その力みがスタミナや喉の自由度を奪ってしまうことがあること。

そして、喉はより楽に、より柔らかくという意識を持つこと。

これらを頭に置いておくだけでも多少喉は楽になっていきます。

ボイトレのエクササイズには
特に喉の力みを取りやすい方法がありますが、
それを利用しても自ら力んで行えば
どれだけ行っても力みや固さはほぐれません。

自分自身の意識も大事なんですよね。

喉頭の力が抜けてくるとスタミナも上がり
音程なども取りやすくなってきますよ。

参考にしてみてください(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    Jポップはなぜこんなにキーが高くなった?

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイトレをされてい…

  2. 発声

    関西出張ボイトレレッスンのお知らせ。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。AKIRAの次回関…

  3. 発声

    声帯の状態による振動面積の増減と周期性の変化。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。先日の医学会で発表された演…

  4. 発声

    第一線の歌のルールを学ぼう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイトレのレッスン指導をし…

  5. 発声

    定期的なチェックはよりレベルアップをしやすくする。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。前にある方とお話していたこ…

  6. 発声

    音声障害者の発声改善も務めています。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。僕は医療関係者との繋がりが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  2. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  3. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  4. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  5. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。