発声

繰り返し言葉を聞いて意味を理解する。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

ボイトレレッスンをする時に
僕はよく言葉を変えながら同じ内容を
何度も何度も生徒さんに伝えます。

同じ言葉をかけても
受け取り方は人それぞれで
言葉をかけた時の反応がみんな違うので、
正しい解釈に辿り着けるまで伝え続けなければなりません。

例えば「声を響かせて」と話した時に、

響かせる=太くする

と考える方もいれば、

響かせる=鼻に抜く

と考える方もいるし、

響かせる=声の密度を高める

と考える方もいるのです。

こういうことがあるので
こちらも一度や二度で理解してもらおうと思っておらず、
何度も何度も言葉を変えながらアドバイスし続けます。

特に音というものは目に見えない感覚的なものなので
受け取る人によって認識の誤差が大きくなりますよね。

レッスンの生徒さんは
自分の理解力がないんじゃないかと不安に思う必要はないので、
何度も何度も繰り返し質問しながら
本当の答えに辿り着いていきましょう。

参考にしてみてください(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    声帯付近の肉芽種切除により発声が改善した例。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。以前僕のボイトレレッスンを…

  2. 発声

    その69「レッスンに通う人はどういう人?」理由編

    前回の続きで、どういう人がレッスンに通っているのかというのを、今回はそ…

  3. 発声

    その74「最終的には好き嫌い」

    今回は好き嫌いの話をしたいと思います。みなさんは何かの歌や歌手の話をす…

  4. 発声

    その163「歌う時は口を大きく開ける?」

    質問: 大きい声を出すには口をしっかり開けないといけないのでしょうか?…

  5. 発声

    その142「続・喉に負担が来る仕事は変えた方がいい?」

    前回の続きです。声を出す上で喉の負担を軽減する方法の一つとしては、喉の…

  6. 発声

    歌の音程の精度を上げるために。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。歌の音程がズレやすい場合、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  2. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  3. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  4. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  5. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。