歌のヒント

自分の勝負曲の選び方。その2。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

前回書いた記事

『自分の勝負曲の選び方』

こちらの続きを書いていきますね。

■曲自身に人を感動させる力がある

歌で人に良い印象を与えたり感動させたいのであれば、
曲自身が良い曲である方が上手くいきやすくなります。

どんなにその歌手の声や歌の技術が素晴らしくても
曲が人の心を動かすようなものでなければ
大きな感動を作ることは難しいのです。

自分が強く感動すると思う曲、
たくさんの人に愛されている曲の中から選んでみるといいでしょう。

■歌を客観的に聴いた時に感動する

この判断が一人だと難しいという方が多いのですが、
人に歌を披露することにおいて

「その歌に感動する要素がどれだけ詰まっているか」

がかなり大切になってきます。

言語化することができないのですが、
歌には感動する「要素」や「バランス」があります。

その感動する要素やバランスの崩れた歌は、
もしある面において素晴らしかったとしても
全体の内容として感動するものにはならないのです。

芸術においてはこのバランス感覚が非常に大切で、
それを知っているからこそいつも人に感動を与えることができます。

自分の歌に感動するかどうか、
録音したり客観的に聴きながら判断していってみましょう。

■勝負曲は複数持つ

最後に大切なことは、
勝負曲は一曲だけでなく複数持つということです。

例えば喉の調子が悪い時はこの曲、良い時はこの曲、
この場ではこの曲、こういうシチュエーションではこの曲
という風に様々な状況に応じて
常にベストなパフォーマンスができるような準備をするといいでしょう。

前回の記事と合わせて色々挙げてみました。

これらの内のいくつか、または全てを満たす曲を選曲しようとすると
選べる曲の数は限られてくると思いますが、
より自分が勝負するのに適した曲が見えてくるでしょう。

色々な歌を歌ったりしながら
人の心を大きく動かせる自分の勝負曲を探してみてください(o^-‘)b

2015年春の福岡、広島、大阪、名古屋出張ボイトレレッスン決定!
日程や場所などの詳細はこちらをクリック

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 歌のヒント

    自分の歌と伴奏の音量バランスをいつも気にしよう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。歌が上手くなって人にいざ聞…

  2. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。今回はより具体的な…

  3. 歌のヒント

    録音とリアルタイムの誤差をなくそう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。よく自分の声や歌を録音して…

  4. 歌のヒント

    みんな初めは初心者からのスタート。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。どんな人でも初めはみんな初…

  5. ボイトレ

    音痴は直せる!歌が苦手な人に伝えたい事。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。今回は「音痴」は直…

  6. 歌のヒント

    音楽の「美的感覚」を磨こう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。歌を上手く歌おうとするなら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  2. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  3. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  4. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  5. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。