Q&A

裏声の音域を伸ばすにはどうすればいい?

メルマガでのQ&Aを掲載しております。

【質問】

初めて質問させていただきます。
現在、先生の著書であるジャイアン本、
魅惑のハイトーンボイス養成メソッドの2冊でトレーニングをしております。

もともと、別の本で多少トレーニングをしていたこともあり、
まだまだですが、ミックスボイス自体は多少ならできてきているのではないか
と自分では思っております。

私の理解では、ミックスは裏声の限界以上の音域は出せないという理解です。

私はミックスは多少使えても、
裏声自体の最高音域が低め(具体的に言えば、
楽に出せるのがhiB、力を入れて無理やりだせば奇声だけどhiD)なため、
このままミックスがうまくなっても、
音域がそれほど伸びないのではという心配をしています。

裏声の音域を伸ばすための、いいトレーニングはありませんでしょうか?
 

【回答】

ミックスボイスがある程度できているとのこと、素晴らしいですね。

ボイトレをしている人口全体の中でも
ミックスボイスの習得は最も多くの人が求めて憧れる部分でもあり、
かつボイトレに関しての大きな難所の一つでもありますから。
 

さて、ミックスボイスは裏声の限界以上の音域は出せないという見解についてですが、
それに関しては私もその通りだと思っています。

シンプルな理屈を説明すると、
地声、ミックスボイス、裏声という3つの発声がある中で
声帯が最大に閉鎖しやすい状態を地声、
声帯が最大に伸展しやすい状態を裏声、
地声のように声帯を閉鎖した状態で裏声のように声帯を伸展した状態を
ミックスボイスと考えていくことになります。
 

この理屈から見ていくと、
声帯が最大に伸展した状態が裏声になりますので
裏声の音域以上にミックスを出せるということは
ケースとしてはほぼないと考えていいかと思います。

私も記憶の限りではその例外を見たことはありません。
 

ですので今よりも音域をもっと広げたい時は
基本的に声帯を最大に伸展させる裏声をより鍛えていくことになります。

 

裏声の音域が伸びるトレーニングについてですが、
裏声発声で高音が出ない、または苦しくなる理由はいくつかあります。
 

今回の質問と関係するであろう理由を2つ紹介すると、
一つは声帯が上手く伸展出来ずに目標の高音が出せない場合。

それともう一つは裏声で声帯を伸展させようとした時に、
目標の音を出すための伸展自体は充分に出来ていたとしても
声帯の閉鎖が上手くできずに無声になってしまう場合が挙げられます。
 

どちらのケースかは声を聞かないと判断が出来ませんが、
今までの経験則から考えると後者の方が割合が多いです。

裏声の高音発声で声帯閉鎖を
より上手くできるようにしていけば最高音は伸びる可能性が高いでしょう。
 

質問の内容を見ると
裏声の音域はそこまで広くないようですので
(情報が少ないですが質問者が成人男性だと考えて)
おそらく裏声の高音域では息が漏れて声が掠れていたり、
または認識できるような目立った掠れがなかったとしても
呼気量自体は多くなっているのではと思います。

トレーニングの中でその息の量をより少なくできるように意識して
裏声の声量を上げたり声の密度をより高めていくといいでしょう。

今よりも声帯が合わさり鳴ってくれば、
最高音域が広がったり徐々に出しやすくなると思います。
 

ただ例えば声帯結節や胃食道逆流症による声帯肉下種など、
隆起性病変を含めた音声疾患がある場合は
上記のボイトレの効果は出にくくなりますので
今回の回答はそれがないことが前提での話になります。

参考にしてみてくださいね。

 

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

ボイトレレッスンで良い変化が起こったのはなぜでしょうか?前のページ

仕事と音楽を両立するか、音楽に専念するかどちらがいいでしょうか。次のページ

関連記事

  1. Q&A

    高音を出す時に喉仏が上がってしまいます。

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】高音を…

  2. ボイトレ

    歌詞やメロディ、リズムは覚えるクセをつけよう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。人は意識することが…

  3. Q&A

    声の違いは発音の違い?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】この間…

  4. Q&A

    音楽事務所に所属していたバンドが解散してしまいました。(Q&A)

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】いつも…

  5. ボイトレのヒント

    その1「理屈で知ろう」

    どうもこんにちは♪元々このブログは声関係の…

  6. ボイトレのヒント

    その84「もっと早く上手くなるには?」

    今回も直接来たメールのやり取りを追記、編集して掲載させて頂きます。質問…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  2. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  3. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  4. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  5. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。