発声

鼻から息が漏れやすい場合の対処法。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

鼻声の治し方についても
定期的に質問を受けているので
また少し書いていきますね。

鼻声には2種類あります。

鼻から息が出過ぎている開鼻声と、
鼻の息の通りの詰まった閉鼻声です。

今回は鼻から息が出過ぎている場合について少し書いていきますね。

鼻から息が出過ぎていると特徴としては、
「ばびぶべぼ」が「まみむめも」に、
「だぢづでど」が「なにぬねの」に近い音になります。

医学的には鼻咽腔閉鎖機能不全と言ったりもしますが、
軟口蓋が本来塞ぐべき道を塞げずに
鼻に息が行き過ぎてしまう状態です。

元々生まれつきで閉鎖機能が弱い場合もありますが、
筋肉の使い方が分からないだけというケースもあり、
僕が見たケースでは
「ば行」や「だ行」を主に使った発声練習と
自分の声を録音して聴き直す作業を繰り返すことで
多くは改善してくるようです。

滑舌を直したい場合はいずれにしても
「自分の声を聞く」ということが大切で、
声が聴けることでトレーニングの効果を高めることが出来ます。

自分で声がこもるなぁと悩んでいる方は、
声帯の鳴らし方ではなく滑舌が原因になっていることもあります。

問題の正しい原因が分かると解決に近づいていきますよ。

参考にしてみてください(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. ボイトレ

    歌を上達して話し声も良くしよう!

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。今回は「歌声」と「…

  2. 発声

    その146「喉が痛くなる、高い声を出すとむせる方」

    こんにちは。今回は、「ボイトレで出来る事」を一つ書きたいなと思います。…

  3. 発声

    その176「息は量とスピードの2面で考えよう」

    僕らは声を出したりする時に「息」を意識すると思います。今回は呼吸法とは…

  4. 発声

    特殊なケースの片側甲状披裂筋麻痺症例。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ごく稀なケースとして、全身…

  5. 発声

    その126「先生の考える方向性と自分の方向性が違う場合は?」

    質問: 今ボイトレに通っていて、先生にレッスンを受けていますが、先生が…

  6. 発声

    その59「先生やスクールの種類について」

    こんにちは☆今回は、先生の選び方を書いていきたいと思うのですが、「自分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  2. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  3. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  4. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  5. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。