話し声

その86「話し声を良くしたい人も」

世の中にはたくさんのボイストレーニングをしている人がいますが、

その理由も本当に様々です。

今回は話し声を良くする人のための一つのお話です。

今回の話は別に必ずこうしなければいけない!と言うわけではないので、

一つの考え方として捉えてもらえたらと思います。

僕は、話し声を良くする事が目的の方にもたくさんレッスンを行っていますが、

大抵は一緒に歌も歌わせたり教えたりしています。

「歌が上手くなれば話し声も一件落着」と言うと必ずしもそうでもないのですが、

ほとんどの場合歌を勉強していると話し声の発声も良くなってきます。

歌の中では話し声だけではなかなか使われない広い音域を使ったり

音程や音色の変化などの素早い動きをするので、

効率良く発声を鍛えていくことが出来る、と考えています。

心地いい話し声を作る一つとして抑揚が必要なんですが、

(抑揚をあまり出さないタイプの話し方もありますけど)

一瞬で高い声と低い声を使い分けたり音色を変えたり、となると

やはり喉の筋肉の柔軟性俊敏性が必要になります。

そのためには音域を指定して拡張していったり

リズムを指定した中での動きの練習をすると効率がいいので、

伴奏などを使った練習を主体にする事を僕は考えています。

ただし歌はわざとはっきりと発音しない事も多いので、

滑舌などの問題になってくると

文章を読んだりしながらの方がしっかり練習出来る部分もあるのですが。

とまぁこんな感じで、

歌を歌う事は歌を上手くする以外にも様々なメリットがあるのです。

ちょっと話の途中なんですけど、

長くなってしまったので次回に続きます(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

立ち向かう強さ。前のページ

その87「続・話し声を良くしたい人も」次のページ

関連記事

  1. 話し声

    その104「トークが上手い人はいい声をしている」

    今回も話し声についてです。話し声を良くしたいと言ってボイトレをされる方…

  2. 話し声

    その87「続・話し声を良くしたい人も」

    前回の続きで、話し声を良くするのにも歌は有効だと言う記事を引き続き書い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  2. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  3. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  4. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  5. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。