発声

その181「軽く、速く、柔らかく」

こんにちは☆

今回は喉の感覚の話です。

歌の練習や発声のトレーニングをする上では

僕は喉の感覚をかなり重要視しているんですが、

タイトルの軽く、速く、柔らかくは僕がいつも考えている喉の感覚です。

この感覚は常に持っていた方がいいと思うんですが、

特に僕が必要だと感じているのは

音程を移動する時、音色を変える時、その他のテクニックを行う時などです。

歌で使うテクニックのほとんどは素早く行わなければいけないものが多く、

少しタイミングがズレたりスピードが遅くなるだけで

効果が変わってしまったり不自然さが生まれてしまったりします。

という事で動きの俊敏性がとても大事になってくるんですが、

速く動かそうとした時に気を付けなくてはいけないのは

出来るだけ余計な力が入らないようにする事です。

余計な力が入るとその分動きが逆に重くなったり、

またはスタミナが足りなくなってきたりしやすいんですが

そこで軽く、柔らかくという意識を加えると無駄な力が入りにくくなるのです。

少なくとも僕が見てる限りはかなり動きが良くなりますよ。

興味のある方は試してみて下さい(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

結節を作る事で起こる声への影響。前のページ

自分に備わっている素質に気付こう。次のページ

関連記事

  1. 発声

    高齢化による声帯萎縮。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ご高齢の方で声がかすれたり…

  2. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。毎年冬が近づくにつ…

  3. 発声

    声を出していて喉が痛くなりやすい人。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。昔からよく頂く質問の一つで…

  4. 発声

    発声の筋肉は少しずつ動いていく。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ピアノやギターの指と同じよ…

  5. Q&A

    高音発声では口を開ける?開けない?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】高音発…

  6. 発声

    その71「声帯を柔らかく使うには」

    これは今までに僕が見たケースの一つです。きっと同じようになってしまって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  2. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  3. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  4. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  5. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。