Q&A

声を安定させるにはどうすればいいでしょうか?

メルマガでのQ&Aを掲載しております。

【質問】

初めて質問させていただきます。

私は、AKIRAさんのような理論的な講師に教わったことはなく、
過去のボイストレーニングでは感覚的な指導や腹式呼吸を教わってきました。

理論はあまり学んでこなかったため、
AKIRAさんの書いてくださるメルマガやブログが非常に勉強になっています。

私は、数年間ボイトレをずっと受けているものの、
呼吸が浅くなり声の安定感がなくていまだに悩んでいます。

私は、大きい声、安定した声のためには、
しっかりとした腹式呼吸が大切だと思っているのですが、
腹式呼吸をどのようにするともっと良くなるのか、
また声を安定させるために呼吸以外にどんな方法があるでしょうか?

ご回答宜しくお願い致します。
 

【回答】

ボイトレは呼吸が重要というのは
ずっと昔から言われていることですよね。

私も自分がボイトレを習い始めた頃に
まず教わったのも腹式呼吸でした。
 

実際歌や発声における呼吸法には
喉頭をリラックスさせたり声を出しやすくする効果があります。

腹式呼吸は声を出しやすくする素晴らしいものであり、
私も生徒さんには推奨しているものですが、
その一方で発声には呼吸だけでは解決しない問題がいくつもあったり
呼吸と同じかそれ以上に大事な他の要素があったりします。
 

今回の質問では呼吸が浅くて声が安定しないという事ですが、
そもそも声が安定していない原因は本当に呼吸なのか、
それとも別の理由が存在しているのか
という所も疑っていかなくてはなりません。

この原因を間違えて認識してしまうと
努力しても解決に行き着かない可能性があるんですよね。
 

また、声が安定していないというのがどういう状態をさしているのか、
実際に声を聴いていないこれだけの情報だと判断が難しい所です。
 

例えば「安定しない」という言葉が

声が震えたり揺れてしまう状態の事なのか、
音程が上手く取れない事なのか、
毎日の声の調子の波が大きくて安定しないという事なのか、

このように様々な解釈の仕方があり、
その状態によってそれぞれの解決法も変わってきます。

 

今回はそれぞれの考えられる解決法について
ざっくりと書いていきますね。

声が震えたり揺れてしまう場合、
これは特殊な音声疾患のケースを除くと
声帯の力みを取ったり柔らかくしていく事で
解決してくることが多いです。

色々対応策は考えられますが、
例えば声帯が鳴るように密度を高くする練習をしてみたり
ビブラートをかける練習をしてみたり、
喉の中を意識して不要な力を抜こうとしてみたりするといいでしょう。
 

音程が上手く取れないという場合であれば、
音感やメロディの記憶などに問題がある場合や
声帯の伸縮や開閉運動の動きに問題がある場合などがあります。

声帯が浮腫んでいたり隆起性疾患があったりなどの
器質的な形状による原因でも音程の取りにくさは起こります。

音感が原因で音程がなかなか取れないようであれば
曲の歌詞やメロディ、リズムを暗記してみたり
目を瞑ったりして集中力を高めた状態で歌ってみると
それまでよりも良い結果が出やすいでしょう。

声帯の伸縮や開閉運動はボイトレでの解決となります。
 

日によって声の調子の波が大きい場合ですが、
発声の状態が原因だったり毎日の生活習慣、
喉の器質的な部分など様々な可能性が考えられます。

話を聞いたり声を聴いてみないと判断が難しい所ですが、
首周囲や喉を柔らかくすること、
ボイトレでしなやかな動きの声帯を作ることで
解決の糸口が見えてくるかもしれません。
 

声帯の形状や器質的な問題と言っても
見えない場所なのでそう自己判断も簡単ではないですが、
もしそういう疑いがあるようでしたら
一度声関係のクリニックを受診して
声帯をチェックしてもらうといいでしょう。

何もなかったらなかったで
原因をさらに特定しやすくなりますしね。
 

声がこれからさらに安定してくるといいですね!

参考にしてみてください。

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. Q&A

    慢性声帯炎の時は練習するべきか、休むべきか。

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】喉は、…

  2. 歌のヒント

    曲の出だしの音程が取りにくい場合。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。カラオケやバンドで歌を歌う…

  3. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。今回は、ボイトレの…

  4. Q&A

    1月に入りインフルエンザが流行ってきましたね。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。1月に入ってインフ…

  5. Q&A

    歌が上手くなるためにどんな音楽を聴けばいい?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】初めま…

  6. 歌のヒント

    歌の練習曲の選び方。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。僕のボイトレレッスンでは発…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  2. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  3. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  4. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  5. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。