発声

ボイトレは小さめの声でも行える。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

今回は久々にまたボイトレの話をします。

ボイストレーニングと言うと
声を大きく出すイメージがありますが、
実際は声量はそんなになくても
トレーニングは行うことができます。

正しく行えるのであれば
むしろ大きな声量を出すよりも
トレーニングの効果を出しやすくすることが可能です。

声量を大きく出すと
声帯を動かすための不要な筋肉を使いやすくなるため
声の音色や動きが硬くなったり
無理に押し上げ気味な発声になる可能性があります。

小さい声だとそれもなくなり
声帯は軽く合わさりやすくなる他、
声帯にかかる負担が非常に少なくなるため
声を出していて調子が悪くなったり
結節などを作るような危険も非常に少なくなります。

また大きな声量を出さないため
トレーニング場所も作りやすくなり
非常に自主練習もしやすくなりますよね。

ただし高いトレーニング効果を出すためには
いくつか細かいコツがあるため、
その辺は気を付けなければいけない所ではあります。

いずれにしても過度の力みは
ボイトレのレベルアップ弊害になるため、
不要な筋緊張はどんどん取っていく方向がいいですね。

参考にしてみてください(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    歌うってこんなに楽しいものだと知りませんでした。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。最近忙しくてブログの更新が…

  2. 発声

    乾燥の時期はこまめな水分補給を。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。音声は喉頭にある左右の声帯…

  3. 発声

    レッスン指導の調子はさらに良い感じです。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ここ数日また色々立て込んで…

  4. 発声

    喉への強い衝撃による甲状軟骨の骨折例。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。これもまた稀な例ですが、甲…

  5. 発声

    その91「上手くてもダメ?」

    クラシックなど一部のジャンルでは必ずしも当てはまらないのですが、(厳密…

  6. 発声

    声帯が炎症している場合のボイトレ。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイストレーニングをしてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  2. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  3. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  4. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  5. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。