発声

ボイトレは小さめの声でも行える。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

今回は久々にまたボイトレの話をします。

ボイストレーニングと言うと
声を大きく出すイメージがありますが、
実際は声量はそんなになくても
トレーニングは行うことができます。

正しく行えるのであれば
むしろ大きな声量を出すよりも
トレーニングの効果を出しやすくすることが可能です。

声量を大きく出すと
声帯を動かすための不要な筋肉を使いやすくなるため
声の音色や動きが硬くなったり
無理に押し上げ気味な発声になる可能性があります。

小さい声だとそれもなくなり
声帯は軽く合わさりやすくなる他、
声帯にかかる負担が非常に少なくなるため
声を出していて調子が悪くなったり
結節などを作るような危険も非常に少なくなります。

また大きな声量を出さないため
トレーニング場所も作りやすくなり
非常に自主練習もしやすくなりますよね。

ただし高いトレーニング効果を出すためには
いくつか細かいコツがあるため、
その辺は気を付けなければいけない所ではあります。

いずれにしても過度の力みは
ボイトレのレベルアップ弊害になるため、
不要な筋緊張はどんどん取っていく方向がいいですね。

参考にしてみてください(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. Q&A

    高音発声では口を開ける?開けない?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】高音発…

  2. 発声

    都内も梅雨に入りましたね。

    都内も梅雨入りしましたね!今月の前半は気温差が激しい日もあって体調や喉…

  3. 発声

    その132「問題点を見誤る例」

    前回「問題点を知ろう!」と言う記事を書きました。問題点自体を見誤ってし…

  4. 発声

    声にパワーを付けていく時に気を付けなければいけないこと。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。声量をつけたい!と思ってボ…

  5. 発声

    声を使う方や歌手が気を付けたいこと。

    こんにちは、AKIRAです。最近寒くなってきましたね!皆さん喉の調子、…

  6. 発声

    クオリティを高めることと行動すること。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。音楽活動をするとしなければ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  2. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  3. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  4. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  5. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。