発声

歌う時に喉の力加減を意識してみよう。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

声が上手く出せないボイトレレッスン受講者の中には、
喉の力加減の調整が間違っているケースがあります。

僕らの声を出す元になる声帯は、
音の高さによって長さを変えます。

低音では声帯の前後の距離を短くして弛ませ、
高音では声帯の前後の距離を長くして張りを作ります。

振動体は張力によって音の高さを変えますが、
これはギターやバイオリンの弦をイメージすると分かりやすいです。

ギターやバイオリンの弦も、
音を高くしたい時や低くしたい時で
ペグ(ネジのような部分)を巻いたり緩めたりしながら
弦の張り具合を変えますよね。

あのようなイメージです。

声帯はどの高さを出すかによって
微妙に伸展の度合いが変わっていきますが、
伸展の仕方が変わるということは
その力加減を間違えると上手く音は出なくなるということです。

厳密に見ていくと、

「この音を出すにはこの力加減」

という最適な状態がその音の高さごとにあるのですが、
その調整が間違っていて声が上手くならない、
声が上手く出ないということがあります。

これは音の高さを認識することが苦手な人に多いです。

でも

「音の高さごとに力加減が細かく変わるのだ」

「それぞれの高さの音ごとに最適な力加減があるのだ」

ということを理解して
音の高さと喉の状態を意識しながら歌っていると
徐々に力感覚を掴めるようになり
声量や声質がみるみる変わってきます。

そもそも音程のカンが良い方は無意識的に
それを調整していることが多く、
そのお陰で声のポテンシャルを発揮できています。

参考にしてみてください(*^^)v

2017年3月18~21日大阪、京都、広島出張ボイトレレッスン決定!
日程や場所などの詳細はこちらをクリック

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    その181「軽く、速く、柔らかく」

    こんにちは☆今回は喉の感覚の話です。歌の練習や発声のトレーニングをする…

  2. 発声

    その147「力を抜く事、入れる事」

    僕がレッスンでいつも生徒に言っているトレーニングの考え方として、2つの…

  3. ボイトレ

    声優業や歌を本気でやりたい人は球技や格闘技は避けた方が良い!?

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。以前小さくブログに…

  4. 発声

    1を10に。10を100に。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。素晴らしい声や歌は一朝一夕…

  5. 発声

    リラックスと虚脱感のある声の違い。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。効率の良い発声にはリラック…

  6. 発声

    喉の運動能力と歌の技術。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。レッスンでお会いする中には…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  2. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  3. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  4. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  5. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。