発声

誰でも簡単に出来る喉頭の広げ方。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

聞いた瞬間「おっ」と思わせる歌ってありますよね。

一瞬で上手いと思えるような声というか。

あの雰囲気は何が作り出しているのでしょうか。

内外喉頭筋の力みは
喉頭や咽頭の共鳴腔を狭めて余裕のない声を作ってしまうのですが、
これを解消していくと声が「プロっぽく」なっていくんですよね。

声の通り道を広げることにより響きが良くなるだけでなく、
気道上にある声帯もリラックスさせていくことができます。

喉頭の力みは喉を痛めやすくしたり
ボイストレーニングの上達を阻害したりなど
悪影響がいくつもあるので
いずれにしてもなくした方がいいでしょう。

さて、力みを取る方法は色々あるのですが、
ごく簡単に実践できるものを一つ紹介します。

「発声時に息を少し多めに吸ってみる」

というものです。

喉の緊張が強い方や発声に精神的なブレーキをかけている方の場合、
リラックスするトレーニングメニューを中心に行っても
簡単に広がらないケースもありますが
息を少し多めに吸うだけで誰でもほぼ確実に広がるので、
音色の変化や広がる感覚を覚えたりするのに効果的です。

あんまり息をため込み過ぎると苦しくなりますけど、
無理のない程度で試してみるといいでしょう。

これだけで万事OKとはいきませんが、
声が細くて悩んでいる人は
きっと声の出しやすさを実感できると思います。

参考にしてみてください(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    その92「続・上手くてもダメ?」

    前回の続きです。海外、特に欧米人などの歌手と比べてみると向こうの方が歌…

  2. 発声

    定期的なチェックはよりレベルアップをしやすくする。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。前にある方とお話していたこ…

  3. 発声

    花粉症の時期はあまり声を酷使しないこと。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。この時期花粉症の方は毎日辛…

  4. 発声

    その157「続続・歌は他の器楽と比べて楽器管理が大変」

    前回からちょっと間が空いてしまいましたね、すいません(;^_^Aさて、…

  5. 発声

    その172「喉を意識しない方がいい?」

    質問: 喉には出来るだけ意識をしないようにと指導者に言われた事があるん…

  6. Q&A

    サビだけなら歌えるけどAメロから歌うと上手く歌えないのですが。

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】はじめ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  2. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  3. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  4. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  5. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。