音域

  1. その51「裏声の鍛え方のちょっとしたコツ」

    今回は前回の続きで、裏声の鍛え方のコツを少し書きます。まず、自分の裏声が弱いのか強いのか、ここを判別するところから始めましょう。チェックポイントは大まかに3つあ…

  2. その50「高い声を伸ばすには?」の続き

    さて、高い声を伸ばすためのコツその2です。細かく書き始めるときりがなくなってしまうので、割愛しながら書こうと思います。これは言葉の取り方によっては非常に誤解の生…

  3. その49「高い声を伸ばすには?」

    質問:高い声の伸ばし方を教えて下さい。回答:裏声のような響きの高い声を出すか、地声のような響きで高い声を出すかによって微妙に練習の仕方は変わってくるんですが、ど…

  4. その44「低音域を伸ばすには?」

    質問:低い声の鍛え方を教えて下さい。回答:文字だけだと細かい教え方は教えられないのですが、低い声をちゃんと出すのに必要な条件を簡単に書くと・声帯が大きく振動する…

  5. その42「高い声が出れば低い声は必要ない?」

    質問:私は高い声は得意なのですが低い声があまり出ません。先生は「あなたは高い声に向いてるから低い声は必要ない」と言います。本当にそうなんでしょうか?回答:低音域…

  6. その41「低い声が得意だと高い声は細くなる?」

    質問:低い声が得意で低い方に広い人は、高い声に行けば行くほど裏声っぽく聞こえやすい、軽くなりやすいと言う話を聞きました。これは出る出ないの話ではないですが、もと…

  7. その40「低い声が得意だと高い声は出ない?」

    質問:僕は低い声が得意で人よりも低音域は出ると思いますがそのせいか高い声が出ません。低い声が得意だと高い声は出ないんじゃないですか?回答:そんな事はないですよ。…

  8. その39「高い声はお腹を使わないといけない?」

    質問:高い声はお腹を使わないと出ないんですか?回答:高い声を出している色々な人を見ると分かりますが、そんな事はないです。喉だけでも出す事は可能です。きっとこれか…

  9. その38「高音域を伸ばすにはまず低音から?」

    質問:私の先生は高音域を伸ばしていくには地声で低音域、中音域をまずしっかり鍛えて、そこから少しずつ高音域を出せるようにしていくという考えなのですが・・。回答:発…

最近の記事

  1. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  2. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  3. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  4. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  5. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。