発声

ご質問を頂いたので質疑応答。

前回の記事に対しての質問がいくつか来たので、

質問者に許可を得てこちらに紹介したいと思います。

質問:

歌い手のためのワークショップとトレーナーのためのワークショップだと教える内容は変わりますか?


回答:

はい、全く変わります。

僕は、歌い手が知るべきこととトレーナーが知るべきことは

内容自体も量もかなり違うと思います。

ですのでトレーナーはただ発声や歌のレッスンを受けている、

または受けてきた、というだけでは多くの場合は足りないと思っています。

よほど細かく何年も指導されてきたなら別かもしれないですけど、

ただそもそもその受けてきたレッスンの内容が正しいのものなのかどうか

という問題もありますしこの辺は難しいですね。。。

とりあえず、トレーナーに対してはトレーナーのためのレッスン、

またはトレーナーのためのワークショップであった方がいいし、

歌い手には歌い手のためのそれがあるべきじゃないかと僕は考えています。

質問:

先生からボイストレーナーのレッスンを受ける時はまず何を教えて頂けますか?


回答:

誰に対してもなんですが、まず知識の整理から始めます。

間違った事を何年も教え込まれていたり

または信じ込んでしまっている方は結構多いので、

「それがなぜ違うのか?」「では何が正しいのか?」

というのをしっかり教えていきます。

ボイストレーニングの迷信というのは

一般的に常識として広まっている事の中にもかなり溢れていたりするんですが、

それを信じたままだとそこから先に進めないんですよね。

ですのでその辺を少しずつ正していきます。

あとはうちでやっている内容を大まかに書くと

発声の原理や仕組み、発声器官の構造などの簡単な解剖学、

発声の理論、歌唱の理論、指導法の理論、

世の中にある数々のメソッドについての勉強、

などなどですね。

ただこれらを必ず全部やると言うわけでもなく、

相手が求めているものや必要なものを踏まえつつ教えていく感じです。

文字で見るとかなりややこしそうな感じがしますけど実際はシンプルに教えてます。

ボリュームはかなり多いですけど^^;

いずれも一般のボイトレ教室ではまず教われない内容だと思います。

という事で、質疑応答でした。

次回からまた発声について書いていく予定です。

ではでは(^_^)v

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    歌のルールやテクニックの使い方を知ろう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。歌にはほぼ1から10までテ…

  2. 発声

    何を優先的に取り組むべきか。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイストレーニングや歌のレ…

  3. 発声

    声帯を柔らかくするために大切な保湿。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。声の質感が硬い場合、声帯の…

  4. 発声

    朝起きた時に喉が痛いことがある方は。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。朝起きた時に「あ、今日喉が…

  5. 発声

    声を出していて喉が痛くなりやすい人。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。昔からよく頂く質問の一つで…

  6. 発声

    その58「ボイトレで個性が消える理由」

    今回は前回の続きで、個性が消える場合についてです。どちらかと言うとプロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  2. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  3. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  4. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  5. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。