発声

その147「力を抜く事、入れる事」

僕がレッスンでいつも生徒に言っているトレーニングの考え方として、

2つの事を常に気を配ってもらっています。

・必要のない所には力が出来るだけ入らないように

・そして必要な所にだけ力が加わるように

これは言葉で言うと簡単なんですが、

ちゃんと実践するのはかなり難しいんですよね。

しっかりやろうとしたら年月もかかります。

でもいつも意識しているとトレーニングの効果がでやすいです。

例えば「高い声を楽に出せるようにしたい」と言う場合には

簡単に書くと声帯を前後に引き伸ばす事、そして左右を閉める事が

通常必要と言われているんですが、

ピンポイントで効率良くその動作が出来ている時は

すぐに疲労してしまうような大きな力は必要なかったりします。

でもその動作の効率が悪いと

他の場所に力をかけて何とか動かそうとするので

どうしても大きな力が必要になってしまう、と言う事です。

例えで言うなら、指先でつまんで持ち上げたい物があるんだけど

指が動かないので両腕の肘ではさんで持ち上げてる感じです。

物が落ちないようにするには腕に力を入れなければいけないので

指先で持つのと比べて疲れやすいし不安定になりやすいですよね。

これが、楽に出来ている人と必死に振り絞る人の差です。

個人的には楽でも必死でも芸術としてはどっちでもアリだと思います。

一番大事なのは自分が満足して歌えてるかどうかですし。

ただ疲労が大きいという事は負担が大きいという事で、

ケガも起こりやすいという事を頭に入れておかなければいけません。

もし今より楽に歌えるように、声が出せるようになりたい、とか

喉の負担を減らしたいと思う人は少し意識してみると良いと思いますよ(^_^)v

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. その他

    flumpool復帰おめでとうございます。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。flumpoolの…

  2. 発声

    声を使う方や歌手が気を付けたいこと。その2

    こんにちは、AKIRAです。前回の続きを書いていきますね。こういう記事…

  3. 発声

    どこまでも広く、深く学ぼう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイトレのレッスンに来てい…

  4. 発声

    自分の歌を聴いて泣いてくれる人がいました。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。僕のレッスンに通うボイトレ…

  5. 発声

    普段の日常の発声も改善してみよう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイトレレッスンに来られる…

  6. 発声

    その106「付いて来れない生徒が悪い?」

    質問: 私の先生は素晴らしい先生なんですがレッスンが難しく、また私がセ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  2. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  3. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  4. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  5. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。