Q&A

ボイトレで上達しやすくなるには?

※メルマガでのQ&Aを掲載しております。

【質問】

こんにちは。
〇〇です。
先生にはいつもお世話になってます。

僕はボイストレーナーとして毎日生徒の声を良くするべく
レッスンに奮闘していますが、
レッスンで伸びる方もいればなかなか伸びにくい方もいます。

先生がレッスンで生徒さんはこうしたら伸びやすくなった
というのがあれば教えてください。

ご回答宜しくお願い致します。

【回答】

今回はボイストレーナー寄りの質問ですね。

これもおそらくきちんと書こうと思うと
もの凄いボリュームになりそうなので、
ここでは簡単にお伝えしていきますね。

ボイトレレッスンで
伸びやすい、伸びにくいというのは実際にあります。

その人が伸びやすいか伸びにくいかという部分は
非常に様々な要素が絡んでいるようなのですが、
以前メルマガで少し書いたように、

「練習の方法が正しいかどうか」

を私はまず見ます。

『どうすれば歌が上手くなれるでしょうか?』
https://goo.gl/vj9NzW

他のスクールから来られた方で
うちのやり方に変えたら伸びてきたという方もいます。

このようにやり方や意識の小さな違いで
トレーニングに変化は起こることが多々あります。

ですので私がレッスンをする場合は
まずそこを見ながら同時に他の原因も探っていくという感じでしょうか。

ボイトレはただ淡々とこなすものではなく、

どんな質感、太さの声にしていくべきか
どのぐらいの息の量にしていくべきか
喉の体感、力みをどれだけ敏感に察知できるか

など注意するべき色々な項目があります。

これは全部先生任せにしていてはダメで、
行う本人自身で把握、認識していかないとトレーニング効率が悪いのです。

逆に言うと、その認識がしっかり出来ると
発声に関して上達が早まる可能性がグンと高まります。

伸びにくい原因で主に思いつくのは
ざっと挙げるだけでも

・ボイトレの方法が違っている場合

・目指すべき声のイメージが間違っている場合

・自分の自覚している声と実際の声に剥離が大きい場合

・練習量が足りていない場合

・喉の力みがあり発声を邪魔している場合

・声帯の器質的要素や器質的疾患が邪魔している場合

これら一つ一つを紐解いていくと
さらにいくつにも分化できるので、
そうすると相当な項目数になりますよね。

この中でその人に当てはまる原因を
上手く取り除いていってあげることが
上達を早めるポイントになります。

指導者としてはそこを正しく見極めていくために、
レッスン中は常に生徒さんを観察しておくといいでしょう。

レッスンではどこをどう変えると
今より伸びやすくなるかを考えますが、
ただ先ほどの項目の中には
その生徒さんの都合で変えることが出来ない方もいます。

例えば日々忙しくて練習時間があまり取れないという方がいた時に、

「いや、時間を作るべきだ」

と考えるのか

「時間を作らずに上手くいく方法はないのか」

と考えるのか。

これもトレーナーによって考え方や正解は違ってくるでしょう。

相手が本当に忙しいのか、
甘えで言っているのかにもよって変わってくるでしょうが、
私の場合だと時間をあまり使わなくても上手くいく方法を考えたり、
むしろ自分から「練習したい!」と思えるように仕向けていきます。

「好きこそものの上手なれ」の考え方です。
それが一番お互いに無理がないんですよね。

いずれにしてもこちらは与えられた状況の中で
出来ることをしていくしかありません。

100%上手くいく、というのは難しいので気負い過ぎず、
あなたなりの「極上のレッスン」を目指していってみてください。

参考にしてみてくださいね。
3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。今回は歌の上手い下…

  2. ボイトレのヒント

    その111「喉の動きの記憶」

    レッスンでよく生徒に言っている事なんですが、声が「ある音色に変化する」…

  3. ボイトレ

    声優業や歌を本気でやりたい人は球技や格闘技は避けた方が良い!?

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。以前小さくブログに…

  4. ボイトレのヒント

    その22「耳を鍛えよう」

    さて、前回トレーニングには何を考えてやるかで効率が変わると書いたんです…

  5. Q&A

    ボイトレで子供が大きな声を出せるようになりますか?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】…

  6. ボイトレのヒント

    その72「練習の理由を知ろう」

    皆さんは発声練習や歌の練習をしていますか?してるとしたらどんな練習をし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  2. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  3. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  4. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  5. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。