発声

歌手は他の楽器奏者よりも体調管理をしっかりしよう。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

ボーカルの楽器は体の中にあります。

体内の一部が楽器であるため、
ほんの少しの体調や体の状態の変化で
声の出方、楽器の形も変わってしまいます。

例えばピアノやギター奏者は
風邪をひいても演奏できますが、
歌手はなかなかそうはいきません。

風邪をひくことで鼻腔が狭くなり、
声の響きがより鼻声(閉鼻声)になります。

また、声帯が炎症して浮腫が起これば
声は重く低くなり、高音はかすれやすくなります。

普段の状態と同じ声を出すことが難しくなるのです。

人間であれば完璧な自己管理というのはなかなか難しいですが、
特に活躍している歌手やボイスユーザーは

「風邪をひいたから今日はライブ休むね」

とはいきません。

自分の代わりは存在しないですし
活動の規模が大きければ大きいほど
キャンセルすることでの損失も非常に大きくなってしまうのです。

ボイトレで声を鍛えて発声能力を高め、
風邪や病気の予防などにもしっかり意識するようにしましょう。

インフルエンザなども非常に流行ってますので
皆さんもお気をつけ下さい(‘-^*)/

2015年春の福岡、広島、大阪、名古屋出張ボイトレレッスン決定!
日程や場所などの詳細はこちらをクリック

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    その91「上手くてもダメ?」

    クラシックなど一部のジャンルでは必ずしも当てはまらないのですが、(厳密…

  2. 発声

    その78「歌は実は複雑な動作?」

    前回の「音痴のタイプ」の続きになります。今回は「歌の動作」というものに…

  3. 発声

    その167「歌うのに肺活量はたくさん必要?」

    この前生徒と少し話していた話題でもあるんですが、歌うのに肺活量がたくさ…

  4. 発声

    魅力的な歌の法則を知ろう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。発声でも歌唱でも何でもそう…

  5. 発声

    声は根本的に変えられる?

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。アメブロから頂いたご質問で…

  6. 発声

    クオリティを高めることと行動すること。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。音楽活動をするとしなければ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  2. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  3. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  4. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  5. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。