歌手の職業病

ヘッドホン、イヤホンの音量に注意。

たまにニュースにもなってる話題ですが、

若者の難聴が年々増えているそうです。

難聴にも色々タイプがあるんですが、

若者の間の主な難聴のタイプは音響難聴と言われていて、

ライブやクラブなどで大音量の音楽を長時間聴く事で起こりますが

携帯出来る音楽プレイヤーも大きな引き金の一つになっています。

イヤフォンなどで音楽プレイヤーの音楽を聴く時、

静かな場所だと小さい音量で音楽は聴けますが

外や電車の中などの騒音のある場所で音楽を聴こうとする時は

どうしても音量を上げてしまいますよね。

大きな音量を長時間連続して聴いていると耳に負担がかかり、

聴力が少しずつ低下していってしまうようです。

別名ヘッドフォン難聴とも言われています。

ごく簡単な解決法としては、

・外では長時間「連続して」イヤフォンで音楽を聴かないようにする

・イヤフォンの音量を上げ過ぎないように気を付ける

・その他、耳が痛くなるような大音量の場所は避けたり耳栓をつける

などがあります。

ちなみにこの音響難聴は

聴覚の感覚細胞が麻痺したり破壊されることで起こるため、

一度難聴になるとそれから回復させることは非常に困難だと言われています。

歌う上でも人と会話をする上でも耳の感度はとても大事です。

自分の耳は自分でしっかり守っていきましょう(^_^)v

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 歌手の職業病

    肋骨の疲労骨折について。

    歌手、そして吹奏楽器奏者などは肋骨の骨折もまれに起こります。なぜ起こる…

  2. 歌手の職業病

    歌手の職業病のまとめ。

    発声法や呼吸法などに関してはヴォイストレーナーの間でも意見が昔から分か…

  3. 歌手の職業病

    両側性声帯ポリープ。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。こんな記事がありました。M…

  4. 歌手の職業病

    続続・声帯炎について。

    今回は声帯ポリープや結節について書こうと思ってたんですが、前回大事な事…

  5. 歌手の職業病

    続続・声帯ポリープ、結節について。

    今回もポリープと結節についてです。本当は一つ一つもうちょっと手短かに書…

  6. 歌手の職業病

    声帯ポリープ、結節について。

    ポリープや結節の多くは慢性の声帯炎から続発します。前に声帯炎には急性と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  2. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  3. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  4. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  5. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。