発声

声帯の状態による振動面積の増減と周期性の変化。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

先日の医学会で発表された演台の一つに
「声帯振動評価」があったのですが、
その内容によると
健常者では声帯は基本周波数(声の高さ)によって
振動体積が負の相関を示し、
声帯結節、声帯萎縮、声帯溝症では
健常者と比べて振動面積は減少数傾向にあるようです。

同じ高さの声を出そうとした時には
振動面積は大きいよりも小さい方が
喉頭原音が小さくなりやすいため
通常では声量は減少することとなります。

声帯結節や声帯萎縮、声帯溝症では
声量低下が指摘されるため当然の結果内容ではありますが、
頭の中ではそうだろうと思っていたものでも
こうやって研究発表としてデータを見るとより説得力がありますよね。

また、おそらく呼気流量によっても
声帯の振動面積や周期性は変化すると考えられます。

こういうデータをたくさん受け取れると
頭の中でボイトレレッスンのひらめきがどんどん生まれてきます。

今日もさらに良いレッスンが出来るよう精を出したいと思います(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    その65「感情表現ってどういうもの?」

    質問: 感情表現ってどういうものですか?回答:簡単に書くと、相手に感情…

  2. 発声

    その3「いいボイストレーナーとは」

    導入編はもうちょいだけ続きます(;^_^A皆様にはもう少しだけお付き合…

  3. 発声

    その77「音痴のタイプ」

    音痴、と言うとちょっと言い方が悪いんですが、上手く歌が歌えない人にはタ…

  4. Q&A

    音声疾患の原因や治し方は大体みんな同じでしょうか?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】こんに…

  5. 発声

    歌のルールを知るきっかけは理屈からがオススメ。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイストレーニングを長くや…

  6. インフォメーション

    ハイトーンボイスのボイトレ書籍発売から2年が経ちました。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。私の最新ボイトレ書…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  2. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  3. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  4. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  5. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。