発声

その124「マイクを使って風邪がうつる?」

さて、インフルエンザはワクチンのおかげで落ち着いてきたようですが、

空気は乾燥していてまだまだ風邪も流行っている時期だと思います。

風邪の感染経路は様々にありますが、

今回は「マイクから風邪がうつる?」という話です。

ちょっときたない話になってしまうんですがご了承下さい(;^_^A

人は歌を歌ったり言葉を発する時は、

見えない程度ですが唾が飛んでいます。

だからマイクを使って声を出している時、マイクに唾が飛んでいるわけです。

「自分しか使わない専用のマイク」を使っている分には問題ないのですが

自分のマイクではなく他の誰かと共有して使うマイクの時、

ちゃんとそれが消毒してある状態であればいいのですが

していない場合はそこが感染経路になる事があります。

歌っている最中はそのマイクを口に近づけて呼吸をしています。

例えばもしカラオケやスタジオなどで、

自分が使う前にそのマイクを使っていた人が

「風邪のウイルスを持っていて」

そして「そのマイクをちゃんと消毒していなかった」

としますね。

その人が歌う事でその人が持っているウイルスが

マイクに付着してしまっているかもしれないので

自分が歌っている時にそれを口の中に吸い込んでしまう可能性が出てきます。

調査などはしてないので確信は持てないんですけど、

おそらくマイク経由で感染しただろう、という経験は僕もありますし

知り合いの歌手や声優からも同じような話を聞きます。

昔よりはそういう衛生面で気をつけているスタジオは多いと聞いていますけど、

その辺の衛生管理は場所によってピンキリだと思います。

マイクを口元に近づけていればいるほど

ウイルスを吸い込んでしまう確率も高くなるようですので、

口にほとんどくっつけた状態で歌う人などはお気をつけ下さい。

(もちろんウイルスがいなければ感染もしませんけどね)

風邪をもらう可能性のある感染経路は探せばたくさん出てくるので

あまり神経質になり過ぎると日常生活に支障が出てきてしまいますけど、

とりあえずその感染経路の一つとしてマイクから

というのがある事を覚えておくといいと思います(^_^)v

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    その185「悪循環を断ち切ろう」

    こんにちは、AKIRAです。以前にも書いた事のある話ではありますが、定…

  2. 発声

    喉への強い衝撃による甲状軟骨の骨折例。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。これもまた稀な例ですが、甲…

  3. 発声

    ボイトレはあなたの未来を変える。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイトレや歌の勉強はどんな…

  4. 発声

    第一線の歌のルールを学ぼう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイトレのレッスン指導をし…

  5. 発声

    144「同じ内容に見えるけど・・・」

    たまーにレッスンでお会いするタイプの方で、「このメニューは以前やってた…

  6. 発声

    歌手は他の楽器奏者よりも体調管理をしっかりしよう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボーカルの楽器は体の中にあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
  2. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  3. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  4. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  5. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。