発声

その170「高い声が出したい」

このテーマ、何年も前に書いてると思ってたんですが

見直してみたらどうやら書いていなかったようで。。。

これから高い声について、何回かに分けて書いていこうと思います。

高い声が出なくて悩んでる方はとても多いと思います。

僕もそうでした。

高い声を出そうとすると声がひっくり返ってしまう。

高い声を出すと大声になって喉がとても疲れる。

高い声を出すと喉が痛くなって声が枯れてしまう。

youtubeや生で僕の歌を聞いた事がある方には意外に思われたりするんですが、

変声期を終えてから上記のような状態になってしまっていて、

僕が元々ボイストレーニングに通い始めたのも

「高い声を出せるようにしたい」というのが理由でした。

でもなかなか高音開発を教えてくれる方に出会えず、

僕が高い声を出せるようにするまでには随分長い年月がかかってしまいました。

「腹式呼吸が出来れば高い声は出るようになる」

「息の吐き方が悪いから高い声が出ない」

今でもこういう教え方は根強く残っています。

これが当てはまるタイプの場合もあるんですが

実際にはこの呼吸中心の考え方で高音開発が上手くいくタイプはかなり少なく、

当てはまらない人に対しては別のアプローチをしてあげなければいけないのです。

そもそもの高い声を出す理屈というのがどうなっているのか、

高い声が出ない人にはどんな原因があるのか、

これらがある程度ちゃんと分かっていないと

生徒の高い声を正しく引き出してあげることはなかなか難しいと思います。

ところがボイストレーナーには指導法の勉強する場がなかったり

指導法を勉強する、教わるという概念自体がないというのもあるんですが、

そういう情報を知る機会がない、

またはあっても目にしないトレーナーが多いのが現実です。

ちょっと話がトレーナーに向いてしまったんですが、

とにかく僕の場合はそういう方にたくさん当たってしまったんですよね。。。

当時は情報がなかったので

雑誌に載っている学校だったり本を書いている方のスクールだったり、

そういう所に行けば何とかなるんじゃないかと思って駆け込んだんですが

「高い声を出せるようにする」という目的から見ると

結果的には全部上手くいきませんでした。

中には上手くいかない原因を僕の努力不足のせいにされたり、

理不尽な扱いを受けたことも何度もありました。

ある有名な先生には洗脳に近い形で

「歌に高い声なんかいらないんだ!」という概念を植えつけられたこともあります。

とまぁ僕の苦労話はきりがないのでこの辺にしておきます。

この沢山の経験があったからこそ今の自分の指導理念があるんですけどね。

とりあえず僕の実体験から言えるのは、

正しいトレーニングを重ねていけば自分の声は変われるんだ!ということです。

その人の喉の器質的な問題やクセ、勘の良さなども絡んでくるので

やってみないと分からない所もあるんですが、

でも大きく変わっていった一つの例として自分の声をあげる事は出来ます。

僕の声や歌い方も賛否両論あるかもしれませんが、

声に悩んでいる人達が前を向ける一つのきっかけになるといいなと思ってます。

さて、次回から高い声を伸ばすポイントを書いていこうと思います。

ではでは(‘-^*)/

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

その169「プロが結節を作るのは発声が悪いせい?」前のページ

「歌おうの会」について次のページ

関連記事

  1. 発声

    関西出張ボイトレレッスンのお知らせ。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。AKIRAの次回関…

  2. 発声

    喉への強い衝撃による甲状軟骨の骨折例。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。これもまた稀な例ですが、甲…

  3. 発声

    ボイトレで自分に自信を!

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。声というのはその人の内面と…

  4. 発声

    その126「先生の考える方向性と自分の方向性が違う場合は?」

    質問: 今ボイトレに通っていて、先生にレッスンを受けていますが、先生が…

  5. 発声

    その103「声を出してて喉が痛くなったら?」

    こんにちは。ちょっと今月は色々忙しくてブログの更新が今までより滞りそう…

  6. 発声

    いくつになっても成長できる。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。先日ボイトレレッスンをして…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 喉に良いこと

    喉、声の調子が悪い。そんな人が知るべき声の病気とクリニック
  2. 心の処方箋

    止まない雨はない。
  3. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  4. 喉に良いこと

    歌手や声優必見!風邪を極力予防し喉の調子を保つポイント。
  5. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。