発声

喉の力みを抜くためのポイント。

こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。

歌を歌っている方に多い悩みが「喉の力み」や「苦しさ」です。

これがなければもっと上手く歌えるのに、
もっと自由に歌えるのにと考えている方も多いと思います。

喉の力みはトレーニングの効果を出しにくくする
要素の一つになるので出来るだけなくしていきたいですね。

力みを抜くために
僕はレッスンの中で色々な方法を使うのですが、発声する側は

「より喉は楽に柔らかく」

といつも意識しておくことが大切です。

力を抜く動きやエクササイズなどをいくら使っても、
本人が意識的に力んでいたり
声は力を使って出すものだ!
と考えていると何をしてもなかなか力は抜けません。

ピアノやギターの初心者が手首や指に力が入って固まってしまうように、
声も扱い慣れていないと様々な部分に力が入ってしまったり
不要な筋肉の動きが伴ってしまうものです。

その力みをそのまま放置するのではなく、
もっと楽に良い音を出す方法がないかといつも探しながら発声していると
徐々に理想に近づきやすくなります。

歌は力いっぱい入れて歌う必要はなく、
そしてボイストレーニングは喉の脱力が上達のカギとなります。

試してみてください(‘-^*)/

カフェのライブ演奏者コンペの参加者を募集しています。

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. 発声

    100に気付き1を伝える。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。僕が長くレッスンをしてきて…

  2. 発声

    その171「体と頭が記憶するために」

    前回の記事に書いたように、人間の頭や体は良い状態も悪い状態も覚えていき…

  3. 発声

    小さい声で練習すると大きい声は出しにくくなる?

    質問: 小さい声でばかり練習していると、大きい声が出なくなってくる事っ…

  4. ボイトレ

    体を鍛えると声が出にくくなる?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】こんに…

  5. 発声

    その13「続・声帯のお勉強」

    前回声帯について少し書かせていただいたんですが、今回はその声帯に関する…

  6. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。今回は、ボイトレの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メンタル

    メンタルを安定させて、本番歌う時の緊張対策やボイトレ効率を高めよう。
  2. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  3. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  4. ボイトレのヒント

    歌が上手くなる!ボイトレや歌における「聴き方」と「考え方」のポイント
  5. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。