ボイトレのヒント

その111「喉の動きの記憶」

レッスンでよく生徒に言っている事なんですが、

声が「ある音色に変化する」、「ある強弱に変化する」、

「ある太さに変化する」、「ある音程に変化する」時、

通常は喉はそれぞれある一つの決まった動きをします。

例えば毎回歌う度に歌が変わってしまうとしたら、

毎回決まった動きではなく違う動きになってしまっているんです。

逆に言うと、同じ動き、同じ形を毎回作れれば同じ音になるはずなんです。

歌が上手い人というのはコントロールがとても上手です。

狙った事をかなりの高い確率で行います。

狙った事を高確率で行えると言う事は、

毎回ほぼ同じ事が出来る、とも言えます。

つまり喉の状態に関する記憶力が良く、

また、それらの筋肉の操作が上手いのです。

そして、声や歌に関して言えるのは、

単純な筋肉の記憶だけではダメで

人は歌っている時、声を出している時は

耳で常にそれが良いのか悪いのかを聞き分けています。

だから極端な話ですが、耳が全く聞こえない状態では

細かい修正が出来ないので正確な音程は取れないし歌は思うように歌えません。

耳が働かない状態では、筋肉の運動の調整が細かく出来ないのです。

つまり常に歌いながら自分の歌を聴く事、

そして高い運動能力で喉や呼吸などを操作する事の両方が必要になります。

音程のコントロールなども含め、

声に関する変化は基本的には喉で行っています。

でも例えば喉でコントロールしているというのは分かっても

それを細かくどこでどのように行っているのか、

何をすると喉のどこがどう動いて、その時声はどのように変化するのか、

大抵の人は分からないと思います。

これを体で細かく記憶していけばしていくほど、

自分が今まで出来なかった事が

出来るようになる可能性がグンと高まると思って下さい。

次回に続きます(^_^)v

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

¥1,620
Amazon.co.jp

初心者から第一線で活躍する上級者まで
東京中野区のボイストレーニングスクール
IPC VOICE STUDIO
◆都内で対面レッスンの他、全国でオンラインレッスンが受講可能です。
レッスンや各種お問い合わせはこちら
◆当スクールHPです。
IPC VOICE STUDIOオフィシャルHP


メルマガだけの最新情報も。あなたの質問や悩みにも答えます。

↓【ボイストレーナーAKIRA公式メルマガ】の登録はこちらから

必須 メールアドレス


【半角英数字】

関連記事

  1. Q&A

    ポピュラー発声をベルカント唱法に変えられますか?

    ※メルマガでのQ&Aを掲載しております。【質問】〇〇で…

  2. ボイトレ

    高い声を出すなら喉の負担軽減を考えよう。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。「高い声」というの…

  3. ボイトレのヒント

    その89「目を瞑って歌ってみよう」

    歌っていて音程が取れない人は、音感自体に問題がある人と発声が問題で音程…

  4. ボイトレのヒント

    ボイストレーニングの自主練オススメ場所。

    こんにちは、ボイストレーナーAKIRAです。ボイトレをしている方、ボイ…

  5. ボイトレのヒント

    その1「理屈で知ろう」

    どうもこんにちは♪元々このブログは声関係の…

  6. ボイトレのヒント

    その83「ボイトレは大声を出さなくても出来る?」

    質問:ボイトレをやってるのですが、なかなか大きな声を出せる場所がなくて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. メンタル

    短絡的に物事を判断しない。
  2. ボイトレ

    歌の上達とボイトレが効率良くなるためにはコツ、ポイントがある。
  3. ボイトレ

    歌手、声優など必見!喉の筋肉(喉頭筋)の種類と声帯の動きを知ろう。
  4. ボイトレのヒント

    【完全保存版】発声の仕組みをマスターして、更に魅力的な声になろう
  5. 呼吸

    超簡単な腹式呼吸のやり方。誰でも出来てボイトレに役立つ!
PAGE TOP
当HPでは文章の無断転載を禁止しております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。